DeNA編集部

2017.04.25

歴史的建造物を拠点にSports×Creativeの街へ。横浜「THE BAYS」

DeNAでは、プロ野球チーム・横浜DeNAベイスターズや長距離陸上チーム・横浜DeNAランニングクラブなど、スポーツ事業にも力を入れています。2017年3月には、横浜市とスポーツ振興や地域経済活性化等に向けた包括連携協定も提携(詳しくはこちら)。これまで横浜公園や横浜スタジアムを起点に進めていた「コミュニティボールパーク」化構想を街レベルに展開する「横浜スポーツタウン構想」も進めています。

20170425_img1.jpg

そんな中、2017年3月18日にオープンしたのが「THE BAYS(ザ・ベイス)」。横浜スタジアムの向かいにあり、歴史的な趣も感じるこの建物、実は前述した「横浜スポーツタウン構想」を進める拠点として横浜DeNAベイスターズがオープンした複合施設です。

1928年に建てられたこの建物は、旧関東財務局横浜財務事務所。レンガ造りのレトロな外観を活かしつつ、カフェやショップ、さらにはランニングステーションやフィットネススタジオ、シェアオフィスなどが入っています。

肉汁溢れるミートボールが絶品。中南米がテーマのカフェ「&9」

20170425_img2.jpg

重厚なエントランスをくぐると奥にあるのがBoulevard Cafe「&9(アンドナイン)」。ランチタイムはもちろん、会社帰りにも気軽に寄れるよう、23時までオープンしています。

20170425_img3.jpg

おすすめはごろっと大きめのお肉が目を引く100%ビーフのミートボール(ランチセット¥1,000)とベイスターズラガー(¥700)。ミートボールはボリュームたっぷりで、ビールにもぴったり。フレッシュなトマトソースと濃厚なチーズも相性抜群です。

ミートボールは100%ビーフかスパイシーポークの2種類。ソースもクラシックトマト、テリヤキ、スパイシーチリの3つから選べます。ランチセットにはブレッドかジャスミンライスも付いてきます。ベイスターズファンにはおなじみの球団オリジナル醸造ビール・ベイスターズラガーはもちろん、めずらしい中南米のビールや、自家製レモネード(¥500)、オリジナルのジンジャーエール(¥550)もおすすめです。

20170425_img4.jpg

また、横浜スタジアムで開催されたベイスターズ戦のチケットの半券(当日のみ有効)を&9で見せると写真のおつまみがサービスでついてくる、ベイスターズファンの皆様には嬉しい特典も。野球観戦帰りにビールを飲みながら感想を語り合うというのも素敵ですね。

メンズからレディース、キッズまで楽しめる。ライフスタイルショップ「+B」

20170425_img5.jpg

カフェ「&9」に隣接するのがショップ「+B」です。日常に野球(=Baseball)をプラスする、というコンセプトの通り、野球に関するアイテムながらも普段使いできる感度の高いアイテムが目白押し。Tシャツやジャケット、スニーカーなどアパレル系のアイテムから食器やカレー缶まで、ライフスタイルに馴染むアイテムが豊富にそろっています。

20170425_img6.jpg

横浜スタジアムの試合でも登場するキャラクター「BART&CHAPY」は子どもたちにも大人気。可愛いぬいぐるみやポーチなどは、野球ファン問わず楽しめるアイテムです。

20170425_img7.jpg

ユニセックスで着られるロゴTシャツ(各¥4,500)。"TOP BATTER"や"RELIEVER"など、野球に関係するキーワードが書かれているのがポイントです。

20170425_img8.jpg

飽きのこないシンプルなデザインのオックスフォードシャツ(¥9,200)。よく見るとボタンが野球のダイヤモンド型になっていて、ディテールまで凝っています。さらにネクタイ(¥8,200)も先端部分がホームベース型に。遊び心のあるデザインと高級感のあるシルク素材で、オンオフ問わず使えます。

通勤前や仕事帰りの利用も。ヨガプログラムやランステも充実

20170425_img9.jpg

地下1Fは「ACTIVE STYEL CLUB」。メインとサブの2つのスタジオがあり、建物のレンガ壁を残した内装が印象的です。ここはヨガやピラティスなどのスタジオプログラムと、屋外で行うランニングやパークヨガなどのアウトドアプログラムが楽しめるフィットネスクラブ。会員制ですが、単発でのプログラム利用も可能です。

出勤前にぴったりな早朝7時台のプログラムは、身体を目覚めさせるハタヨガ、退社後にも立ち寄れる遅めの20時台のプログラムはリラックス系のヨガなど、時間帯に合わせたプログラムが用意されています。平日忙しい方でも、会社の前に立ち寄ってヨガでリフレッシュする、ということもできます。

20170425_img10.jpg

2Fにはランニングステーションも完備。1回¥700で利用でき、ロッカーとシャワーが設置されています。横浜スタジアムや山下公園、赤レンガ倉庫エリアなど、絶好のランスポットにもアクセスが良いのがうれしいですね。

オフィスに見えない!ユニークなシェアオフィス

20170425_img11.jpg

2Fにある「CREATIVE SPORTS LAB」というシェアオフィスフロアに入ると、目に入るのが大きなテント。実は、ここを実際にシェアオフィスとして利用しているアウトドアブランド・株式会社スノーピーク(snowpeak)からの提供なんです。こんな環境でミーティングをしたら、いつもとは違う柔軟なアイデアが生まれるかもしれません。この「CREATIVE SPORTS LAB」はSports×Creative をテーマに企業やクリエイター、大学などと連携しながら作り上げるプラットフォーム。個人会員も受付中なので、ノマドワーカーの方にもオススメです。

Sports×Creativeをテーマにスポーツと街をつなげ、新たなライフスタイルや産業の基地(ベース)となる施設「THE BAYS」。今後も皆様に楽しんでいただけるような、新しいプロジェクトや商品を創り出していく予定です。お近くにお越しの際はぜひ気軽に立ち寄ってみてください。

20170425_img12.JPG

THE BAYS
〒231-0021神奈川県横浜市中区日本大通34
不定休
アクセス
みなとみらい線「日本大通り駅」2番出口より徒歩4分
JR京浜東北・根岸線「関内駅」南口より徒歩7分
横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」1番出口より徒歩7分
※価格は全て税込価格です。

DeNAのアプリ