DeNA編集部

2016.07.01

スマホメディア発の雑誌誕生:執行役員 村田マリ連載

VB経営AtoZ
イエモCEO 兼 DeNA執行役員 村田マリ
第1回 スマホメディア発の雑誌誕生

※この文章は、日経産業新聞「VB経営AtoZ」の村田マリによる2016年6月9日付連載記事を、著作権者の許可を得て転載したものです。

 今回より連載をスタートさせていただくことになった村田マリです。イエモという、スマホメディアの運営会社を経営する傍ら、ディー・エヌ・エーの執行役員を務めています。 イエモは30代の女性層(主婦)を中心に住まいや暮らしの知恵、インテリアの情報などをお届けする読み物メディアです。これまでこうした情報は雑誌等で閲覧されてきました。現在では家事やお勤めの隙間時間にスマホでちょっと知識を仕入れるという形にシフトしています。 イエモはこのような利用者を対象に月間1000万人以上に読まれる規模になりました。

 かつてメディアが果たしてきた機能とは、数多くある情報から読者にとって必要で意味のある情報を特有の視点や表現力を通じて編集し、ある程度の時間をかけて流通して浸透するコンテンツにして発信していくものでした。 しかし、現在では時代のトレンドにあわせて読者がスピーディーにソーシャルメディアを利用して、コンテンツを拡散するようになりました。情報の流通経路が変化した結果、イエモでは約3ヶ月スパンで人気トレンドが変わるようになりました。

 情報の流通方法が変われば、情報の編集や表現形式も変わっています。スマホの技術革新と共にデバイスサイズに最適化したコンテンツが充実。豊かな文字情報から、"百聞は一見に如かず"というように、質の高い写真や、動画などに遷移しています。短時間での理解ができる、簡素だが饒舌な表現が求められています。

 ディー・エヌ・エーでは現在、住まい・暮らしにとどまらず、10領域の情報についてスマホメディアを展開しています。住まいの領域のイエモ以外では、女性ファッションの「メリー」など、10媒体合計で延べ7000万人もの方に読んでいただいています。そのうち8割以上がスマホ利用者です。 なかでも最も多く利用者を抱える「メリー」は今年3月に初めて雑誌を発行しました。従来の雑誌編集とは異なるウェブマーケティング的な観点を重視した結果、事前予約の段階から話題となり、発売後、数週間でほぼ完売の状況となりました。 雑誌「メリー」がヒットした理由も、コンテンツの流通方法の変化にあります。 あらかじめウェブ版で人気の記事を選び、トレンド分析をしたのちに、それを雑誌に応用しています。

 同じフレームワークが他分野にも使えそうです。解析結果をもとにした商品開発や、旅行プラン企画など新しいフローでの商品設計を実現させようとしています。 いつでも手元にあるスマホからは、利用者の直接的な声を集めやすいです。友達にメッセージを送るような感覚でコメントを書いてボタンひとつで送信できるため、運営者側は時差なく生の声を拾うことができ、それらを即商品開発に活かせます。情報の流通と消費方法の変化はさまざまなビジネスに変化を生み出しています。

20160701_img02.jpg iemo株式会社 代表取締役CEO
株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員
村田マリ
早稲田大学卒業後、サイバーエージェントに入社。05年3月コントロールプラス株式会社を設立し12年に売却後、シンガポールに移住。13年iemo株式会社を設立。14年ディー・エヌ・エーに買収され同社の執行役員に就任。

DeNAのアプリ