DeNA編集部

2015.06.18

トイレまでついてきます!? DeNAの異次元レベルの社員3人に話を聞いた

インタビュアー 番長(右)

かれこれ10年以上リーゼントを貫き続け、少年ジ●ンプの主人公のように、曲がった事が大嫌いな今時珍しい硬派系男子。 ただ、このリーゼントのせいで就職が決まらないことに彼は気づいていない。今回、DeNAでクリエイターを募集しているという噂を聞きつけ、あわよくば自分もとDeNAに颯爽と乗り込むのだが・・・。

141008_topics_news02.jpg

採用担当:初めまして。本日は、私がDeNAで募集をしているクリエイターの仕事について、ご紹介させていただきます。よろしくお願いいたします。

141008_topics_news03.jpg

番長:初めまして! 番長と申します。今日はよろしくお願いいたします!

141008_topics_news04.jpg

採用担当:では、実際にDeNAで働いているクリエイターを3名ご紹介します。直接話をしていただくことで、クリエイターの仕事をより深く理解していただけるかと思います。

141008_topics_news05.jpg

番長:はい、楽しみです! よろしくお願いいたします!

141008_topics_news04.jpg

採用担当:はい、では早速参りましょう。

141008_topics_news06.jpg

番長:よろしくお願いいたします!

DeNAはどんな相手にでもチャレンジ精神を忘れない。 どんな相手でもだ。例え・・・。

141008_topics_news07.jpg

クリエイター① 渡辺

アートディレクターとして実際に絵も描きながらディレクション業務を行っている。
現在担当しているゲームに登場するイラストを、ほぼ1人で制作。

141008_topics_news08.jpg

番長:開発中のゲームイラストは、ほぼお一人でということですが、今回の業務で一番苦労されたことはなんですか?
渡辺:世界観の構築が、非常に苦労したところです。 また、スマートフォンの画面の中で、いかに映える絵にするか。そこに多くの時間をかけて作り上げています。

141008_topics_news09.jpg

番長:特に工夫したところは何でしょう?
渡辺:自分はキャラクターのデザインも大好きなのですが、元々アニメーション業界で長い間「背景(キャラクターの後ろに映る風景)」を描いていたので、ゲーム中に登場する背景は色々こだわりをもってデザインしています。
番長:今後の展望を聞かせて下さい!
渡辺:まずは、しっかりと「ユーザーに満足していただけるものを届ける」を一番の目標に、引き続きゲーム開発を頑張ります!

DeNAはベンチャースピリットにあふれていた!?

番長:最後にもう一つ伺いたいのですが、DeNAで働いて素晴らしいと感じたことはなんでしょうか?
渡辺:大企業にも関わらず、ベンチャースピリッツを忘れずに、チャレンジできる環境があるってことですね。例えば・・・。

141008_topics_news11.jpg

渡辺:我々DeNAは、自分より体が大きく獰猛な肉食獣にも勇敢に立ち向かいます。

141008_topics_news12.jpg

渡辺:それがどんな獲物であろうと全力を尽くします。それが我々DeNAです。

141008_topics_news47.jpg

渡辺:これらに負けないため、日夜厳しい修行に明け暮れています。

141008_topics_news48.jpg

渡辺:1万回正拳突きをしても、日が暮れないこともありました。

141008_topics_news14.jpg

番長:あの・・・

141008_topics_news15.jpg

渡辺:我々は常に挑戦をし続けています!

社員のスピードが速すぎる! 本当に速すぎる!

141008_topics_news16.jpg

クリエイター② 田中

DeNAのEコマース事業のひとつであるEVERY MARTのUI/UXを中心に「どのような要素・ストーリー・設計が、最も伝えたい"安さ"がお客様に伝わるか」という設計部分を担当。

141008_topics_news17.jpg EVERY MARTはこちらから

番長:EVERY MARTで一番苦労されたことは?

田中:「安さ」を売りにしている競合の調査、実店鋪のUX・サービスの調査、お客様のインタビューやアンケート調査などを駆使して、"コアターゲットのお客様に最も伝わる「安さの体験」"を形にしていく過程は非常に難しかったです。反面、お客様のニーズや悩み、サービスの性質など、点と点が線になって、形になっていくところが非常に面白かったですね。

141008_topics_news18.jpg

番長:特に工夫したところなどはありますか?

田中:「安さ」を訴求する上で、コアターゲットは「何を大切にしていて、何に拒絶反応を起こすのか」、とにかくユーザー中心の設計・要素や表現の整理、UIやGUI、ビジュアルに落としこむ「UXデザイン」の過程です。

番長:今後の展望を聞かせて下さい。

田中:今後のDeNA ECは、SEIYUドットコムチラシルなど、より生活に密接した日用品や食品の分野で、より良いサービスが提供できるように注力していきます。

141008_topics_news19.jpg

番長:サービスについて色々と教えていただきありがとうございます。本題に入りますが、DeNAで働くメリットはどんなところだと感じますか?

田中:そうですね。実力主義なところでしょうか。DeNAって実力を公平に評価するんです。学歴って実は全く見てないんですよ。そして周りの仕事のスピードが恐ろしく速い!

番長:なるほど、実力さえあれば誰にでもチャンスはあるということですね! 具体的にどのような人物に来て欲しいですか?

田中:そうですね。我々は非常にスピード感をもって仕事をしていますので、そのスピードについてこられる。もしくは、我々以上のスピードをもっている方にきて欲しいですね。例えば彼女も素晴らしいスピードをもっています。

141008_topics_news20.gif

女性社員:田中さ〜ん!!

141008_topics_news21.gif

番長:!!!!!

141008_topics_news22.gif

番長:な・・・なんだと!?

141008_topics_news23.jpg

番長:速過ぎてマジで見えねぇ!! これは、一体・・・!?

141008_topics_news24.jpg

田中:縮地法です。

141008_topics_news23.jpg

番長:し、縮地法・・・。

141008_topics_news25.jpg

田中:我々はいつもスピードを重視して仕事をしていますので。慣れないと目で追えないかもしれません。ははは!

141008_topics_news26.jpg

番長:(いや、そうじゃないだろ)

DeNAではデザイナーをとても大切にしている。とても、とても。

141008_topics_news27.jpg

クリエイター③ 真崎

いつ・どこで・何を買うのがお得かすぐわかる! 無料チラシアプリチラシルのデザイン(アプリ、ロゴ、LP)とAndroidのXMLレイアウト、新機能&改修案の立案を中心に行う。

141008_topics_news28.jpg チラシルはこちらから

番長:担当されているサービスは?

真崎:いつ、どこで、何を買うのが一番お得か一目でわかる! いつも行くスーパーのチラシがスマホで見やすいチラシアプリチラシルです。

番長:具体的に担当されている業務を聞かせていただけますか?

真崎:デザイン(アプリ、ロゴ、LP)とAndroidのXMLレイアウト、新機能&改修案の立案を担当しています。

番長:今回の業務で一番苦労されたことは?

コアターゲットが主婦層だったんですが、開発チーム内に男(おっさん)しかおらず、主婦の行動や感覚が微塵もわからないところからのスタートだったので本当に苦労しました。 主婦の気持ちを少しでも理解しようと仕事帰りにスーパーに寄って買い物したり、慣れない料理をするなど半年近く努力しました。

141008_topics_news29.jpg

番長:チラシルで特に工夫したところなどはありますか?

真崎:一覧性の高い紙チラシからスマホへどう落とし込めば便利で受け入れられるプロダクトになるかという点を特に注意しています。 あとは主婦がターゲットなので、極めて簡単なワンタップ+スクロールで欲しい情報にたどりつけることを特に重視しています。

※詳しくはクリエーターブログにて。

番長:今後の展望を聞かせて下さい。

真崎:スーパーのチラシのスキャン画像ではなく、商品情報をデータ化し、スマホの最適な見せ方に再構成しているからこそできる機能をどんどん実装していきたいです。

例えば、いつものスーパーでタマゴが安くなったときにお知らせをしてくれるような、パーソナライズされたチラシアプリを目指します。

141008_topics_news30.jpg

番長:見所の紹介ありがとうございます。さて、話題はかわるのですが、DeNAで働いていて、どんなところにメリットを感じていますか?

真崎:そうですね。DeNAはとてもクリエイターのレベルが高いですし、クリエイターを大切にしてくれる会社だなーと感じてます。例えばほら、私の後ろを見てください。

141008_topics_news31.jpg

番長:おや? 誰か陰からこちらを見つめていますが。これは一体・・・。

真崎:はい。クリエイターに何かあってはいけないので、クリエイターの背後で四六時中、見守る担当がいるのです。もちろん家の中でもトイレの中でもどこまでもついていきます。

141008_topics_news32.jpg

番長:なるほど。これはクリエイターもとっても安心できますね。これは見守るだけなんでしょうか。

真崎:はい。見守るだけです。

141008_topics_news33.jpg

番長:彼はトイレの中などにもついてくるんですか?

真崎:もちろんです。なにかあっては困りますからね。

141008_topics_news34.jpg

番長:いやぁ。さすがDeNAさん。頼もしい!

担当:恐れ入ります。

141008_topics_news35.jpg

・・・

141008_topics_news36.jpg

番長:・・・

141008_topics_news37.jpg

最後まで気を抜けない会社。それがDeNA。

141008_topics_news38.jpg

採用担当:いかがでしたか?

番長:すごい人達がいっぱいいました! すごい会社ですね!マジで。

採用担当:そうでしょう。ぜひ、あなたもDeNAにチャレンジしてみてください。

141008_topics_news39.jpg

番長:嫌です。

採用担当:あはは。気が変わったらいつでも挑戦してください! おっと、私は次のアポに向かわねばなりませんので。今日はお忙しい中ありがとうございました。

番長:いえ、こちらこそ、ありがとうございました。色々な意味で勉強になりました。

採用担当:それでは、また機会があればお会いしましょう。

141008_topics_news40.jpg 141008_topics_news41.jpg 141008_topics_news42.jpg 141008_topics_news43.jpg

番長:し、瞬間移動!

141008_topics_news44.jpg

番長:(DeNA。本当に底がみえねぇ会社だったな・・・)

DeNAでは本当にクリエイターを募集しています。

DeNA では「個で勝負できるクリエイターは、強い」をキーワードに社内のクリエイターのポートフォリオを公開しています。

141008_topics_news46.jpg

クリエイターのポートフォリオはこちらから

新規事業の初期メンバーとして活躍したい方の募集も行っております。
興味がある方は、Wantedlyにて「話を聞きに行きたい」 ボタンから気軽にエントリーください。

Wantedlyからエントリーする

また、これからポートフォリオを創る方のために『魅力を感じる、伝わるポートフォリオ作成における7つのポイント』という記事をクリエイターズブログにアップしています。ぜひ、こちらもご覧ください!

DeNAのアプリ