コンプライアンス

基本方針

DeNAグループの全ての役員及び従業員は、企業の社会的責任を深く自覚し、日常の職務において、グループ行動規範及び DeNA Quality を実践するとともに、法令を遵守し、社会倫理に適合した行動を実践いたします。また、執行役員、本部長、部長等の各組織の長は各組織単位で、これらの実践を徹底できる組織運営をいたします。

コンプライアンス体制

DeNAグループのコンプライアンス及びリスク管理を統括する部門であるコンプライアンス・リスク管理部門は、従業員個々人のまたは組織としての行動が法令を遵守し、社会倫理に適合したものとなるよう、コンプライアンス研修等の教育を実施するほか、内部監査等によるモニタリングの実施や内部通報制度の運用等、当社グループにおけるコンプライアンスプログラムを構築・運用いたします。
個人情報を含む情報資産の保護・管理及び法令等への対応の決定等については、当社グループの事業運営上重要度が高いため、社長を委員長とする委員会の専管事項とし、当該委員会の基本方針に基づき、コンプライアンス・リスク管理部門と連携し、情報セキュリティ部門において運用いたします。

コンプライアンス研修

DeNAグループでは、新卒・中途採用ともに、入社時に対面での講義形式によるコンプライアンス研修を行っております。また入社後も定期的に、個人情報保護、セクシュアル・ハラスメントの防止、インサイダー取引の防止、関係法令(景表法、下請法等)の遵守など、具体的なテーマ毎の研修を行っております。
入社後の研修においては、eラーニングを活用したテスト形式のトレーニングの導入により、研修内容の理解・定着が効果的になされるよう努めております。

内部通報制度

内部通報制度は、DeNAグループの役員及び従業員の他、退職者並びに取引先従業員等を対象としています。また、当該対象者に適切に認知され利用されるようその意義を発信し、社内窓口のみならず監査役または社外の弁護士その他の専門家等経営陣から独立性を有する通報窓口を設置するなど窓口を拡充いたします。また、通報に係る秘密に十分配慮し、安心して相談・通報ができる制度といたします。
> 内部通報窓口