次世代のIT育成支援

私たちの想い

急速なITの進化によって、スマートフォンをはじめとする情報端末は私たちの生活に欠かせないものになってきました。その一方で日本の国際競争力の低下は大きな課題となっています。
DeNAはITを活用することで、大きなインパクトのあるビジネスを創出したり、社会の課題をより効率的に解決したりできると考えています。そのためには、ITを理解し活用していける人材の育成が急務です。
DeNAは、プログラミング教育やインターネットの啓発活動など、成長過程に合わせたコンテンツを通じ、ITの利便性と課題を理解した上で積極的に活用していける人材の育成を支援しています。これからを担っていく次世代が、ITを通して世界にインパクトを与える人材になること、それがDeNAの願いです。

成長過程に合わせたコンテンツの提供

  • 小学生

    • ネットマナー啓発活動
    • プログラミング教育
  • 中・高校生

    • ネットマナー啓発活動
    • キャリア教育
  • 学生・社会人

    • 実践的な育成支援
    • 教育現場への講師派遣

公立小学校1年生に向けたプログラミング教育の取り組み

2014年6月より、佐賀県武雄市、DeNA、東洋大学の産官学連携の取り組みとして、公立小学校の1年生に向けたプログラミング教育を実施しています。カリキュラムではタブレット端末を使用し、こどもたちの興味を引きやすいゲームを題材に、自分が書いた絵をキャラクターに設定したり、友達と意見交換したりするなど、オープンな発想を引き出せるように設計されています。
当社としては、幼少期の言語教育のひとつとしてプログラミングを学習することで、ITのスペシャリストが育つだけでなく、多様な個性や得意分野を持った子どもたちが育ったときに、様々な分野からITと連携した新しいアイデアやサービス、作品が生まれてくると考えています。
2016年度は、武雄市で小学3年生向けのプログラムを提供し、横浜市白幡小学校でも1、2年生の授業を提供しております。今後も継続して学習教材の提供と、先生方への支援を続けてまいります。

プログラミング教育に関するお問合せは、pro_edu@dena.com までご連絡ください。


川崎修平(DeNA取締役)「プログラミング学習教材のコンセプトとそれに込めた想い」会見
詳細はこちら

企業訪問学習の受け入れ

主に中高生の社会学習の一環として、ヒカリエ本社での企業訪問学習の受け入れを積極的に行っています。
企業訪問学習では、
1.DeNAの企業概要や職場見学を行い、職業に対しての理解を深めていただくこと
2.実際に働いている社員と交流しキャリアについて考えてもらうこと
3.インターネットの啓発授業を通し正しい知識を得ていただくこと
を目的としています。
2016年度は173校にご来社いただきました。普段の学生生活では味わえない企業の現場を体感していただき、キャリア形成に役立つことを願っております。

詳細・お申し込みはこちら

全国での出張授業・講演活動

DeNAは、「Mobage」を安心・安全にご利用いただけるよう、サイトの健全化に努めてきました。
「Mobage」サイト内では、利用者と保護者の皆様に、ケータイでの健全なネット利用について理解を深めていただくためのコンテンツ「マナー&セーフティー」を掲載しております。
サイト外においても、「ネットマナー&セーフティー推進委員会」※のスタッフたちが、全国の学校へ赴いて出張授業を行い、各種講演やセミナーに参加しています。

マナー&セーフティ マナー&セーフティ

出張授業では、インターネットを利用することで人とつながることの楽しさと、健全な関わり方についてより多くの青少年に学んでもらうため、講師が全国の学校に訪問し授業を行っています。
講演やセミナーでは、直接、学校関係者や保護者の皆様にお伝えすることによって、いま子どもたちがケータイでインターネットをどのように利用しているか知っていただき、また、保護者の皆様が子どもたちとしっかりと話し合いながら、ケータイ利用のルールを決めるための一助になることを目指しております。
※「ネットマナー&セーフティー推進委員会」・・・ネットに関する啓発活動の取組みをより積極的に行うため、2009年4月に発足した社内組織。

詳細・お申し込みはこちら
過去の講演・セミナー活動

青少年へのインターネット啓発コンテンツ

インターネットの安心・安全な利用についての教材(リーフレット)提供

今後インターネットを活用して成長していく子どもたちが、安心・安全にインターネットを利用できるよう、DeNAでは、インターネットの正しい利用方法について理解を深めてもらうための啓発リーフレットを作成し、提供しています。
啓発リーフレットでは、インターネットやスマートフォン利用時のトラブル事例や注意点、またトラブルを防ぐポイントなどを、4コマ漫画を交えて子どもたちにも理解しやすいようまとめています。
このリーフレットが、子どもたちが自分のインターネットやスマートフォンの利用方法について考えるきっかけを提供し、また学校関係者や保護者の皆さまにも、生徒やお子さまと「安心・安全なインターネットの使い方」ついて話し合う機会となることを願っております。

詳細・リーフレットのダウンロードはこちら

実践的な育成支援「座・芸夢」「HEAT」での取り組み

大学生・専門学校生や若手ゲーム企画職の育成支援の取り組みとして、「座・芸夢(ざ・げーむ)」「HEAT」等のイベントを積極的に開催しています。
「座・芸夢」は、変化の激しいゲーム業界の中で新たなコンテンツを企画・創造できる人材を育成するため、ゲーム業界で著名な方々を講師として迎え、渋谷ヒカリエで「座・芸夢 若手ゲームプランナー育成塾 ~未来を担う人に伝えたいこと~」と題して開催しています。「座学」と、講師から直接指導を受けられる「演習」をセットにしており、ゲームをプランニングする上で実際に活用できるノウハウを習得できる内容です。
「HEAT」は、ゲーム会社、大学・専門学校、学生が、一堂に集う業界一大就活イベントです。ゲーム業界では多くの会社のオフィスが東京・大阪に集中している一方で、大学や専門学校は全国にあり、就職活動での負担やミスマッチが課題になっています。「HEAT」では、その課題を解決すべく一日で多くの学生とゲーム会社が触れ合える場として企業・学校ブースを設置し、学生にはポートフォリオの講演会や、自身の作品展示も行える場も提供しております。「参加者全員が、Happy & Winner!!」をコンセプトに学生、学校、ゲーム企業がともに充実した説明会になるように運営しています。

海外からの企業訪問受け入れ

日本を代表するIT企業のひとつとして正しい相互理解を促進するため、DeNAは海外教育機関による企業訪問を積極的に受け入れています。MBAプログラムを中心に、これまで合計400名以上の学生および教員がDeNA本社を訪れ、その事業や課題について学び、社員と意見交換を行っています。
ご訪問いただいた教育機関の例:Columbia Business School, The Wharton School of the University of Pennsylvania, National University of Singapore Business School, Kellogg School of Management, UCLA Anderson School of Management, Zurich University of Applied Science, University of Hong Kong, Hamburg Media School, The Lauder Institute at The University of Pennsylvania, Mahidol University