CSR活動 | CSR

保護者の皆さまへ - ネットでのコミュニケーション

子どもたちは、日々の出来事や感じたことをケータイを通じて発信したり、情報交換したりと、ネット上で様々なコミュニケーションを行っています。主なコミュニケーション方法として、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、ブログ、チャット、電子掲示板などがあります。

SNS

「SNS」とは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)の略称で、友人同士や同じ趣味を持つ人たちが集まって交流するコミュニティ型のサービスです。多くの「SNS」では、掲示板、チャット、ブログなどの機能を備えています。

ブログ

日記形式のウェブサイトが「ブログ」です。「ブログ」の多くは、書き込まれている日記や情報に対してコメントを投稿できる機能があります。

チャット

ネット上で複数の人と同時に文字やイラストを用いて、それらをネット上に打ち込んで会話をすることを「チャット」と呼びます。チャットという言葉は英語で"雑談"や"おしゃべり"などの意味を指します。

電子掲示板

参加者があるテーマに沿って、意見や情報などを投稿し、投稿された書き込みが連なっていくサイトが「電子掲示板」です。省略して、「掲示板」と呼ばれたり、「BBS」と呼ばれたりすることが一般的となっています。

用語集を見る

DeNAのアプリ