リスクマネジメント


基本方針

DeNAグループでは、経営理念、経営目標の達成を阻害する様々なリスクに対して適切に対応し、事業の安定的な継続と発展を確保するため、リスク管理規程を定めております。
なお、DeNAグループが認識している具体的な事業等のリスクについては、毎期の決算短信及び有価証券報告書に記載しております。



体制

当社は、執行役員、本部長、部長等の各組織の長を中心に、各組織単位で担当する事業及び業務上のリスクを分析・評価し、これを管理することとしています。
また、DeNAグループのコンプライアンス及びリスク管理を統括するコンプライアンス・リスク管理本部は、以下の活動を通じてグループ全体のリスクマネジメントを推進します。

① 当社グループにおけるリスクマネジメント・フロー(リスクの把握、管理、モニタリングに 係る一連のフロー)を統括し、各部門におけるリスクマネジメントをサポートする
② 当社グループのリスク情報を網羅的に把握し、リスク分析・評価及びその対策をまとめ、継続して一元的に管理し、モニタリングする。当該管理及びモニタリングについては、代表取締役、取締役会及び監査役に定期的に報告する
③ 内部通報制度の運用に加えて、カスタマー・サービス部門、広報部門等と連携し、リスクにつながる一次情報を把握する
④ 不測の事態が発生した場合の対応を統括する
⑤ 企業倫理及び法令遵守に関する社内研修の実施等により、当社グループの役職員のコンプライアンス意識の向上を図る

DeNAグループの事業の性質上、情報セキュリティ及び個人情報管理にかかるリスクについては、特に慎重なリスクマネジメントが必要であると認識しており、それぞれ社長を委員長とする委員会を設け、管理体制の強化を図っております。具体的な取組等については、情報セキュリティ( http://dena.com/jp/csr/it-security/)をご覧ください。



危機発生時の対応

不測の事態が発生した場合には、DeNAグループのガイドラインで定められたエスカレーションフローに従い、直ちに事態の報告が行われます。事態の重要度に応じて関係各部門に情報提供がなされるとともに、適切な対応を行います。特に重大な事態については、社長を本部長とする対策本部を設置し、迅速に対応を行います。