プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNA、「モバゲータウン」にて「ジャパン・ルマン・チャレンジ」および野田英樹選手と共同開発した「NODA的人生レース」の配信を開始
~実際のマシンやルールに対応した携帯電話専用レースゲーム~

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南場智子、以下DeNA)が運営する、携帯電話専用無料ゲームサイト「モバゲータウン」は、「ジャパン・ルマン・チャレンジ」*1(運営:スポーツカー エンデュランス レース オペレーション、以下 JLMC)および日本を代表するレーシングドライバー野田英樹選手*2と共同開発を行ったレースゲーム「NODA的人生レース」を6月30日(金)より配信開始します。

「NODA的人生レース」はJLMCと野田英樹選手の全面的協力のもと制作されたすごろく風レースゲームです。ルールやゲーム内容、ゲームデザインなど、実際のレースに沿った要素を随所に盛り込んでいます。
プレイヤーは野田選手を操作し、耐久レースにて賞金を稼ぐことで順位を競います。スピードメーター風のルーレットでコマを進め、徐々に減っていく燃料の給油や、タイヤ交換を適宜行うことで、長時間の走行が可能となる耐久レースです。実際のレースと同様、1,000kmを完走した時点でゲームクリアとなります。賞金マスに止まるか、サーキットを1週することでプレイヤーに賞金が与えられ、その合計金額で全国ランキングを競うことができます。

携帯電話専用無料ゲームサイト「モバゲータウン」は、DeNAの持つ携帯電話ユーザの口コミネットワークを活用したことで、2006年2月のサービスを開始から会員数が急増し、5月末には会員数65万人を越え、現在も急速に拡大しています。

DeNAでは、「モバゲータウン」を通じて、今後も様々なイベントや団体などと積極的なコラボレーションを行っていく予定です。

*1 ジャパン・ルマン・チャレンジ・・・ルマン24時間レースを頂点に、ヨーロッパ大陸で開催されているルマンシリーズと、北米のアメリカン・ルマン・シリーズで使用され、耐久レースの世界標準とされる「ACO(フランス西部自動車クラブ)ルールに基づいて開催される自動車レース。今年日本国内で初開催となるこの耐久レースには更に「全日本スポーツカー耐久選手権」という正式名称が冠せられています。
サイトURL: http://www.lmchallenge.jp/
*2 野田英樹選手について・・・1969年3月7日生まれ。大阪府出身。幼い頃より車が大好きで、13歳の時にレーシングカートでレースキャリアをスタートさせる。 数年間日本のレースに参戦した後渡欧し、英インターF3000シリーズ等 にて活躍、96年からはアメリカに移り翌97年、インディライツ選手権 にて日本人初の優勝を達成。その後日本やアメリカのレースで活躍後2003年、自身がオーナーとなる『Team MOHN』 を設立し全日本選手権フォーミュラ・ニッポンに参戦する。2006年、初開催となる「ジャパン・ルマン・チャレンジ」に『ヒトツヤマ・レーシング』より参戦中。
サイトURL: http://www.hideki-noda.com/

「NODA的人生レース」概要
URL: http://mbga.jp
配信開始日時: 2006年6月30日 10:00~
ゲーム内容: JLMCおよび野田英樹選手と共同開発したすごろく風耐久レースゲーム
プレイ人数: 1人
利用方法: モバゲータウンに無料会員登録後、利用可能
対応機種: DoCoMo...FOMA70X、90Xシリーズ
au...WIN Flash 対応機
Vodafone...3G Flash 対応機

20060630_img01.png

DeNAのアプリ