プレスリリース | PRESS RELEASE

ケータイゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」TVCMを含む大規模広告キャンペーンを開始
~タレントの「よゐこ」を起用したTVCMや共同開発したゲームの配信を開始~

20070510_img01.bmp

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南場智子)が運営するケータイゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」は、2007年5月10日(木)より、全国(東阪名、北海道、福岡を含む全国主要都市)で、タレントの「よゐこ」(松竹芸能株式会社所属)を起用したTVCM放送を開始するなど、大規模な広告キャンペーンを展開します。

「モバゲータウン」は70種類以上の無料ゲームや日記の公開、掲示板への書き込みなどのSNSを楽しむことができるサイトとして、急速に成長しました。この度の広告キャンペーンでは、ゲーム愛好家の「よゐこ」をTVCM等の広告に起用し、より幅広い年齢層に「モバゲータウン」をアピールしていきます。また、本日より「よゐこ」がプロデュースした特別ゲームの配信を開始します。

※TVCMおよび共同開発した特別ゲームについての詳細は次ページをご参照ください。また、CM映像は本日よりhttp://www.dena.com/ およびhttp://mbga.jpにて公開しています。

■「モバゲータウン」新TVCM「よゐこの開発」篇ストーリー

モバゲー開発研究所で博士がレポートを読み上げる。後ろでは、「よゐこ」の2人がベッドの上に
寝かされ、頭には何か装置をつけられている。
「モバゲー ゲーム開発担当」に任命された有野がつぶやく、「俺のゲームへの頭脳と...」
「モバゲー ギャグ担当」に任命された濱口がつぶやく、「俺のギャグへの頭脳を...」
助手がレバーを上げると装置から激しい電流が走り、二人の頭脳から才能が抽出され、
「みんなのケータイゲームに!」と叫ぶ二人。
二人の間にある巨大ケータイの画面に、「よゐこ」プロデュースのゲーム画面が登場します。
さらに、才能は抽出されながら、研究員のアップで、コピー「ゲームが全部無料」のナレーション、ラストに「モバゲータウン」のロゴが入ります。

■「モバゲータウン」新TVCMコンセプト

この新TVCM「よゐこの開発」篇は5月10日より始まる広告キャンペーンの一環としてオンエアされます。「よゐこ」は、CM出演からゲームの企画・開発まで担当しました。CMでは、大のゲームファンである有野晋哉さんをゲーム開発担当、濱口優さんをギャグ担当とし、モバゲータウンの新ゲーム開発が行われる研究所で、彼らの溢れる才能を頭脳から直接抽出することで、今までにない新ゲームが生まれる瞬間を描いています。

■「モバゲータウン」新TVCM概要

放送地域 : 東阪名、北海道、福岡を含む全国主要都市
放送期間 : 2007年5月10 日(木)~6月24日(日)

■「モバゲータウン」新TVCMスタッフリスト

CD/PL/CW 松村 祐治
AD/PL 安 永貴
P 小澤 祐治
PM 小林 勇介
演出 塚越 規
撮影 藤本 信成
美術 中澤 修平
スタイリスト カミモト リサ
ヘアメイク 佐藤 真由美
音楽 鈴木 隆弘
キャスティング 元川 益暢

■「よゐこ」開発ゲーム概要

・「よゐこの街ゴルフ」(5月10日より配信開始)

20070510_img02.bmp

モバゲータウン」オープン初期から人気が高い、風向きを読みながら空き缶を打ってゴミ箱に入れ、街をキレイにするゴルフゲーム「街ゴルフ」を「よゐこ」の2人がアレンジしました。ゲーム内イベントの内容から、セリフまで2人のアイデアが多数盛り込まれています。

・「よゐこの射的パズル」(5月14日より配信開始)

20070510_img03.bmp

「大人が、どこか懐かしくて昔を思い出すゲーム」をコンセプトに、縁日などで見かける「射的」とパズルゲームの要素を組み合わせ開発したゲームです。「よゐこ」の2人が交互に的を撃ち、2人のアイデアから生まれたキャラクターの顔を2つ以上並べることで消すことができます。うまく連鎖させてキャラクターの顔を消しながら高得点を狙います。

※6月以降も、「よゐこ」の2人が開発したゲームが続々と登場する予定です。

20070510_img04.bmp

DeNAのアプリ