プレスリリース | PRESS RELEASE

秋のビーチフリマイベント「dengenフリマ Vol.2」を開催~今年2度目の開催となるフリーマーケットとビーチクリーンを組み合わせたチャリティイベントを神奈川・七里ヶ浜にて開催~

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南場智子、以下DeNA)は、2007年10 月6 日(土)に、今年2回目のフリーマーケットイベント「dengenフリマVol.2」を開催します。これは、DeNAが開催してきたチャリティイベント「dengen」の第5弾となるイベントで、「鎌倉プリンスホテル」(神奈川県鎌倉市)の七里ヶ浜海岸駐車場にて開催します。収益金の一部は、財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団とDeNAが推進する「日本の豊かな森」再生活動に生かされます。※「日本の豊かな森」再生活動の詳細については、当社ホームページをご参照ください。

「dengen」は、DeNAの社会貢献活動のひとつとして「楽しみながらリサイクル・リユースを体験してもらいたい」というテーマのもと、2005年から開始されたイベントです。チャリティのファッションショーから音楽イベント、フリーマーケットなど、様々なイベントを開催してきました。今年の4月には、フリーマーケットイベント「dengenフリマ」を初めて開催し、1,500人以上が来場しました。

第2回目となる「dengenフリマ」は、「日本の豊かな森」再生活動に賛同いただいたリサイクル運動市民の会と共同で開催します。多数の店舗が出店するフリーマーケットのほか、七里ヶ浜海水浴場の清掃を行います。また、家庭で不要になったTシャツ1枚と「dengen特製エコバッグ」を交換できる「Tシャツ交換プログラム」を実施します。「dengen特製エコバッグ」は、湘南を中心に活動するデザイナー神谷ハンセン高志さんのデザインによるもので、会場である七里ヶ浜の海をイメージしてデザインされています(エコバッグの交換はお1人につき1枚までとなります)。集まったTシャツは、認定NPO法人日本救援衣料センターへ寄付します。

今後もDeNAでは、チャリティオークションやイベントを多数開催し、その収益金を通じて「日本の豊かな森」再生活動を推進していきます。

■ 「dengenフリマ Vol.2」概要
開催日時: 2007年10月6日(土) 10:00 ~ 15:00 (荒天の場合、11月3日に順延)
主催: 株式会社ディー・エヌ・エー/リサイクル運動市民の会
協力: 鎌倉プリンスホテル/七里ヶ浜クリーンコミュニティ/神谷ハンセン高志/湘南鎌倉ライオンズクラブ
場所: 鎌倉プリンスホテル七里ヶ浜海岸駐車場および七里ヶ浜海岸
 (最寄駅:江ノ島電鉄七里ヶ浜) 20071001_img01.jpg

■神谷ハンセン高志 プロフィール
1960年生まれ。神奈川県藤沢市辻堂在住。1983年、野外広告美術を扱う会社に就職する。その後、さまざまな仕事を転々とする間、ディープハワイアンをコンセプトにしたショップオープンのためティキ製作の依頼を受け、丸太を削りはじめる。こうしてティキの世界に夢中になり、ハワイを訪れ、現地のティキアーティスト、マヘ・ウィリアムスにティキ製作のテクニックと心を学ぶ。そして、11年前にティキアーティストとして独立。昨年の夏、浜崎あゆみの依頼を受け、鵠沼海岸にオープンした彼女の海の家に作品を提供。鯨の骨を削ってアクセサリーを作るボーンカービングデザイナーとしても著名。

■財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団について
日本の森を、ふたたび野生動物の棲める豊かな森に戻したい。そんな思いからC.W.ニコル氏は20年前、長野県の荒廃した里山を少しずつ買い、「アファンの森」と名付け森の再生活動をはじめました。財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団は、小さな森からのメッセージが日本中の森を蘇らせる一歩となることを願って、2002年に設立され、生物の多様性あふれる命の森を再生すべく活動を行っています。また、豊かな森で心に傷を負った子供たちのケアをする心の森づくりも行っています。

■「dengen」について
「dengen」は、2005年から開始した"楽しいリサイクル・リユース」を促進する、DeNA独自の社会貢献プロジェクトです。ファッションショーから音楽イベント、フリーマーケットまで様々なチャリティイベントをDeNAが主催・運営の元、積極的に開催しています。

DeNAのアプリ