プレスリリース | PRESS RELEASE

「モバオク」 「auオークション」向け決済エスクローサービス「モバペイ」、オークションの落札代金を全国のセブン-イレブンで支払い可能に

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南場智子)が株式会社三菱東京UFJ銀行、農林中央金庫と共同出資により設立した、株式会社ペイジェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:橋本久茂、URL:http://www.paygent.co.jp、以下:ペイジェント)は、同社が提供する決済エスクローサービス「モバペイ」の支払い方法として、6月19日(木)より、全国のセブン-イレブン店舗(5 月末現在:12,013店舗)での支払いが追加されます。「モバペイ」はペイジェントがケータイオークションサイト「モバオク」「auオークション」※において提供する決済エスクローサービスで、クレジットカードやモバイルバンキングなど様々な支払い方法に対応しています。
※「モバペイ」詳細は別紙をご参照ください。

 「モバペイ」は2006年8月のサービス開始以降、安価かつ安全に利用できる決済エスクローサービスとして多くのオークションユーザーに利用されてきました。この度、日本で最大の店舗数を誇るセブン-イレブンでの支払いが可能になることで、落札者の利便性が向上します。個人間における携帯オークションの決済サービスで、セブン-イレブンが利用できるのは「モバペイ」が日本で初めてとなります。

 ペイジェントは、「モバペイ」だけでなく、多くのショッピングモールやECサイトに決済サービスを提供しています。ネットオークションやネット通販の利用者が、安心且つ安全に代金の支払いができるよう、便利な決済方法を今後も拡充していく予定です。

※ 「モバオク」は、NTTDoCoMoとSoftBankでの名称です(株式会社モバオク運営)。au向けのサービス名称は「auオークション」です(KDDI株式会社と株式会社モバオクの共同運営)。

20080619_img01.jpg

DeNAのアプリ