プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNA、青少年の健全育成に向けた取組み強化について~「モバゲータウン」に簡易年齢認証、特定ユーザ間利用制限などを導入~

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子、以下DeNA)は、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」において、サイトの健全性維持と青少年の健全育成に向けた取組みを強化します。

 DeNAは、「モバゲータウン」サイト開設時より、ユーザが安心・安全にご利用していただけるよう、サイト健全化への取組みに注力してきました。サイトパトロール体制の構築、システムによるルール違反のチェック、サイト内外での啓発活動の推進、ユーザからの「通報」機能の活用、ルール違反者に対する厳しいペナルティ対応など、サイト規模の成長に合わせて対策を強化してきました。従来の活動に加えて、さらに下記の強化策を実施します。

<サイト健全性維持と青少年の健全育成に向けた強化策>

1.簡易年齢認証(8月20日より実施予定)
携帯電話事業者のフィルタリングサービス対象ユーザをシステム的に検知し、「モバゲータウン」内で18歳以上の登録をしている場合はミニメール、友達検索の利用を制限します。従来から実施しているミニメール利用の年齢制限と組み合わせることによって、年齢確認の確実性を高めるための取組みとなります。
※フィルタリングサービスを受けていて、かつ「モバゲータウン」上にて18歳以上で年齢登録しているユーザは18歳未満である可能性があります。

2.特定ユーザ間利用制限(8月10日より実施予定)
ミニメールの利用に伴う特定のルール違反を確認した場合、当該送受信者間でのコミュニケーション機能を一律で制限します。

3.サークルチェックの強化(7月上旬より実施中)
特定サークルカテゴリの目視チェックを強化します。人的にはチェック頻度の回数アップ、システム的には非公開サークルを中心にベイジアンフィルタによるチェックを強化します。

(参考) 「モバゲータウン」におけるこれまでの青少年の健全育成に向けた取組みについて

① 人的な対応
・24時間365日体制のサイトパトロール(総勢400人体制)
東京と新潟にカスタマーサポートセンターを開設
・ルール違反の書き込みの削除、ペナルティ、退会処分
・投稿画像の全件目視確認
・ユーザからの電話相談窓口の設置
・会員規約、ルールの随時見直し

② システム的な対応
・ルール違反の単語などのキーワードによるチェック
・1ユーザから不特定多数ユーザへのミニメール送信をチェック
・書き込みを無作為にサンプリングし、システム精度の確認、システムへのフィードバックを実施
・ベイジアンフィルタの導入(過去にルール違反となった書込み内容をシステムに学習させ、違反している書込みを自動的にピックアップ)
・アドレスなどの事前書き込み制限
・ミニメール(メッセージ送信機能)の利用制限
a) 18歳未満は年齢が3歳以上離れているユーザとミニメールができない仕組みを導入
b) 13歳未満はミニメールの利用を禁止
・18歳未満の友達検索を制限

③ ユーザとの協力関係
・ユーザがルール違反者をサイト運営者に申告できる「通報」ボタンやご意見BOXの設置
・サークル主催者によるコミュニティ管理(主催者によるサークル掲示板の書き込み削除)

④ 啓発活動
・「ルール」「初心者ナビ」を常時表示
・書込み時には、ルール違反の書込みを行ってはならない旨のメッセージを都度表示
・啓発コンテンツ「マナー&セーフティー」を開設、ユーザと保護者向けページの設置
・いじめや心の病などの悩みを専門家に相談する窓口「モバゲー110番」の設置
・中高生を中心とした「ケータイネットの利用方法」に関する訪問学習の対応
・行政、教育委員会主催セミナーなどへの参加

⑤ その他
・2007年春より定期的に代表取締役社長を委員長とする「健全コミュニティ委員会」にて、サイト内の状況把握や社会的背景に合わせた対策の検討などを実施

20090722_img01.jpg

DeNAのアプリ