プレスリリース | PRESS RELEASE

総合UGCメディア「E★エブリスタ」をグランドオープン~ケータイ総合雑誌「E★エブリスタプレミアム」を創刊~

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場 智子、以下DeNA)と株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田 隆持、以下ドコモ)の合弁会社である株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:池田 純、以下エブリスタ)は、総合UGCメディア (注1)「E★エブリスタ」(呼称:エブリスタ)(URL:http://estar.jp、携帯・PC共通)を6月7日(月) にグランドオープンいたします。また同時に、有料コンテンツであるケータイ総合雑誌「E★エブリスタプレミアム」を創刊いたします。

 「E★エブリスタ」は、無料のUGCと、有料の「E★エブリスタプレミアム」の2つのサービスを提供します。「E★エブリスタプレミアム」の利用料は月額210円(税込)で、小説・コミックなどさまざまなジャンルで、既に活躍している有名クリエイターや有名人、UGCで人気を博したトップクリエイターの作品を揃える予定です。「E★エブリスタプレミアム」はオリジナルの書き下ろしコンテンツを約50タイトル用意し、UGCと連動した仕組みも備えた、"紙のない初の本格的ケータイ総合雑誌"であり、配信される月間のコンテンツ量は、紙の書籍や漫画雑誌に換算して500ページの規模となる予定です(注2)。

■「E★エブリスタ」の構造

20100531_img01.jpg

 無料で利用できるUGCでは、一般クリエイターが投稿した作品を掲載する予定です。UGCを代表するケータイ小説をはじめ、コミックやイラスト、写真、レシピ、俳句など、数多くのジャンルの作品を投稿・閲覧することが可能です。「E★エブリスタ」では既に、5月17日からクリエイター向けに700万円を超える賞金総額の投稿イベント(URL:http://everystar.jp/_Cpn20100517) を開催しており、幅広いクリエイターからの作品投稿を募っています。また毎月、ユーザから高い評価を得る作品を創作した人気上位のクリエイターには、最高で100万円の報酬を支払う(換金可能なポイントを付与)(注3)仕組みも備えており、クリエイターの活動をさまざまなかたちで支援していく予定です。

  DeNAは、1,800万人以上の会員を有する「モバゲータウン」(URL:http://mbga.jp) から積極的に誘導を図ります。
 ドコモは、約4900万契約の顧客基盤を持つ「iモード」のポータルサイト「iメニュー」からのリンク等により「E★エブリスタ」の活性化を図ります。また、「E★エブリスタ」での取り組みを通じてモバイルインターネットにおけるUGC市場の拡大を図り、「iモード」の更なる価値向上に取り組んでまいります。

(注1)UGCメディア・・・User Generated Contentメディアの略。ユーザ自身が小説やイラスト、写真などのコンテンツを創作・投稿し、公開することができ、かつ他のユーザがそれらを閲覧・利用することができるメディアです。
(注2)「E★エブリスタプレミアム」で提供されている小説やコミックの原稿をカウントし、一般的な紙の書籍や漫画雑誌の枚数に換算し双方を合算して算出。
(注3)活動の内容等によって報酬は変わります。また報酬のお支払いは、「E★エブリスタ」内で現金に交換できるポイント付与を通じて行う予定です。

■ 「E★エブリスタプレミアム」 作品ラインアップ(一部を抜粋)

20100531_img02.jpg

20100531_img03.jpg

※ 「iモード」「iMenu/iメニュー」は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。

DeNAのアプリ