プレスリリース | PRESS RELEASE

アイティア、TYLグループ、樹林伸プロデュース大ヒット作『サイコメトラーEIJI』『GTO』『神の雫』をソーシャルゲーム化第一弾「神の雫~男と女のモテワイン~」をモバゲータウンで本日より提供開始

20110209_img01.jpg

アイティア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:むぎばやしひろこ、以下アイティア)は、グループ関係会社である株式会社ティー ワイ リミテッド(本社:東京都港区、代表取締役会長:依田巽)、株式会社ティー ワイ エンタテインメント(本社:東京都港区、代表取締役会長:依田巽、取締役社長:本地代資)と、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子、以下DeNA)が運営する「モバゲータウン」( URL:http://mbga.jp )向けに、『週刊少年マガジン』の大ヒット漫画原作者、樹林伸(きばやし・しん)プロデュースの大ヒット作品『サイコメトラーEIJI』(原作:安童夕馬 名義/作画:朝基まさし)『GTO』(原作:藤沢とおる/ディレクション:樹林伸)『神の雫』(原作:亜樹直 名義/作画:オキモト・シュウ)をソーシャルゲーム化することを発表します。

 

第一弾となる、本日(2月9日)配信の『神の雫 ~男と女のモテワイン~』(URL: http://pf.mbga.jp/12004875  ※携帯電話からアクセス可能)は、人気ワイン漫画『神の雫』(『モーニング』講談社発行)の世界観を活かした、恋愛シミュレーションゲームです。

「神の雫~男と女のモテワイン~」 概要

  • 提供開始日
    2011年2月9日
  • ジャンル
    恋愛シミュレーションゲーム
  • 利用方法
    モバゲータウンへの無料会員登録後、利用可能
  • 課金形態
    基本プレイ無料、アイテム課金制
  • 権利表記
    ©亜樹直/オキモト・シュウ/TYL Group/AITIA
  • URL(携帯電話からアクセス可能)

20110209_img03.jpg

ユーザは、街やお店に繰り出し、魅力的な美女・イケメン・原作キャラクター達に出会い、ワインを通して交流を深め成長していきます。アバター機能、ワインセラーにワインをコレクションして時価総額を競う機能、ワインをプレゼントしあうユーザ交流機能もあります。ゲームを通してワインの知識も自然に身に付く、エデュテイメント・ソーシャルゲームでもあります。

 

アイティアがソーシャルゲームを提供するのは初となります。アイティアは、今後も、ソーシャルゲームの配信を行い、幅広いお客様に魅力あるコンテンツを提供していきます。

【樹林伸(きばやし・しん)プロフィール】

1962年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。漫画原作者、小説家、脚本家。作品ジャンル毎に亜樹直、安童夕馬など異なるペンネームを用いる。漫画原作者として数々のヒット作を送り出し、『週刊少年マガジン』の黄金時代を築き、その作品のほとんどがテレビドラマ化。代表作に『金田一少年の事件簿』、『サイコメトラーEIJI』、『神の雫』、『GetBackers-奪還屋-』、『BLOODY MONDAY』『エリアの騎士』など多数。

【『神の雫』について】


2004年11月の「モーニング」(講談社) 連載開始当初より、イメージを駆使した独特のワイン表現が人気を博し350万部突破。2009年に亀梨和也主演、日本テレビでドラマ化。料理本のアカデミー賞とも言われる、グルマン世界料理本大賞の最高位受賞。その人気は国境を越え、韓国では総計200万部突破、空前の韓国ワインブームの立て役者に。2008年4月、ワインの本場・フランスでも出版が開始され、35万部以上という異例のセールスを記録中。
アルベール・ビショー社の「ボージョレ・ヌーヴォー 神の雫ラベル 2010」が、フランス・リヨンで開催されたワイン品評会で、最高賞にあたる大金賞獲得。2007年に「コンパニヨン・ドュ・ボージョレー騎士団」(ボージョレーワイン騎士団)から、『神の雫』で日本でのワイン普及に貢献したとして原作者亜樹直氏に「騎士」の称号が贈られた。

【『サイコメトラーEIJI』『GTO』について】

『サイコメトラーEIJI』と『GTO』は、1990年代後半~2000年代前半の、週刊少年マガジン「少年誌発行部数1位」を支えた大ヒット漫画。『サイコメトラーEIJI』は、今春、続編が講談社発行『ヤングマガジン』にて連載される予定、『GTO』は、2009年より週刊少年マガジンにて、続編が大人気連載中。

DeNAのアプリ