プレスリリース | PRESS RELEASE

「モバゲータウン」のサービス名とロゴを一新 3月28日より、全世界に向けて「Mobage」でサービスを展開

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子、以下DeNA)は、2011年3月28日(月)より、全世界に向けたサービス展開のため、「モバゲータウン」のサービス名称を「Mobage(モバゲー)」に変更し、同時に、サービスロゴを世界共通ロゴとして一新します。

20110214_img03.jpg

DeNAは、「X-device」(クロスデバイス)、「X-border」(クロスボーダー)を2本の柱とする成長戦略を推進しています。「X-device」戦略とは、携帯電話、スマートフォン、PCなど様々な情報端末に対応したマルチデバイスのプラットフォームを構築するものです。「X-border」戦略とは、プラットフォームをグローバルに展開するもので、現在は英語圏と中国において事業を推進しております。2010年11月には、事業展開のスピードを加速させる目的で、スマートフォン向けにゲームコミュニティプラットフォーム「plus+ Network」を運営する米国ngmoco社を子会社化しました。

DeNAは、「モバゲータウン」と「plus+ Network」のサービス名称を世界共通ブランドの「Mobage」に統一し、世界中のユーザに楽しんでいただけるプラットフォームの構築を図り、ソーシャルゲームプラットフォームのトップ企業としての地位を確立することを目指して、グローバルな事業展開を推進していきます。

また、サービス名称の変更にあわせ、ロゴを一新します。新しいロゴのデザインイメージは、「世界を、そして未来を見つめる目」です。人は言葉がなくても目を通じて喜びや感情を伝え合うことができます。
「目」のデザインには、おたがいに顔が見えないバーチャルコミュニティの世界でも、ユーザ同士が楽しくコミュニケーションして欲しい、そんな気持ちが込められています。ブランドカラーの 「Mobageブルー」 は、世界中をボーダレスにつなぐ空や海の色であり、グローバルに通用する信頼感を表現する色でもあります。世界中のあらゆる世代の、あらゆる人びとに愛されるグローバルブランドになりたいという思いを込めています。

DeNAのアプリ