プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNA、「Yahoo!モバゲー」上に3D仮想空間『ピコピコタウン』β版をオープン!

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子。以下DeNA)は、2011年2月17日(木)よりPC上のソーシャルゲームプラットフォーム「Yahoo!モバゲー」(URL:http://yahoo-mbga.jp)上に、3D仮想空間『ピコピコタウン』β版をオープンします。

『ピコピコタウン』は、ユーザが自身のモーションアバターを動かしながら、他のユーザとチャット機能などを通じてリアルタイムでコミュニケーションを楽しむことができる3D仮想空間です。ユーザは、「Yahoo!モバゲー」上に2万5000種類以上存在しているモーションアバターを『ピコピコタウン』内でも利用し、3D空間上で操作することができます。これにより、アバターの活用シーンが増加します。
また、『ピコピコタウン』内には、「YouTube」の動画を視聴できる5つのタウンが存在し、ユーザは自分の興味に応じて「ミュージックタウン」「スポーツタウン」など好きなタウンを選ぶことができます。
それぞれのタウン内では、複数のユーザが同じ動画を視聴しながら、リアルタイムでコミュニケーションをすることができます。今後は、タウン数の追加など各種機能を順次追加していく予定です。
なお、『ピコピコタウン』のように、モーションアバターをリアルタイムに動かしながらSNS上のユーザ同士で動画を共有する、というコンセプトのサービスは世界的にも類を見ないサービスとなります。

さらに今後、『ピコピコタウン』上で、外部のサービス事業者・開発者が単独、またはDeNAと共同でモーションアバターと連動したゲーム等の開発・提供を行っていく予定です。これにより、外部のサービス事業者・開発者は、ユーザがモーションアバターを直感的に操作することができるゲーム等を新たに提供することが出来るようになります。その第1弾として、3月(予定)に、株式会社バタフライとDeNAが共同で「カジノタウン」をオープンします。今後も、ユーザのサービス利用状況を踏まえて、外部のサービス事業者・開発者との連携や、広告サービスの展開等を積極的に検討していく予定です。

「Yahoo!モバゲー」は、『ピコピコタウン』開設により、サイトのリアルタイム性や臨場感を増幅させることでユーザ間の交流促進を図るとともに、より幅広いコンテンツを提供していきます。

■『ピコピコタウン』β版 概要

  • 特徴
    3D仮想空間での動画視聴、モーションアバターの利用、チャットを通じての リアルタイムのコミュニケーション
  • 提供開始日
    2011年2月17日(木)
  • 利用方法
    「Yahoo!モバゲー」に登録後、利用可能 
    ※『ピコピコタウン』は「Yahoo!モバゲー」専用のコンテンツです。
  • 利用料
    基本プレイ無料、「カジノタウン」内コンテンツは一部有料

▼タウンについて
・ユーザの興味分野別に「YouTube」が視聴できるタウン
「ミュージックタウン」「エンタメタウン」「スポーツタウン」「アニマルタウン」「もろもろタウン」
※今後順次追加予定

・外部のサービス事業者、開発者と共同で提供するタウン
「カジノタウン」 ※3月オープン予定

■コンテンツ画面イメージ

20110217_img01.jpg

DeNAのアプリ