プレスリリース | PRESS RELEASE

東映アニメーションとDeNA、ソーシャルゲーム事業で連携

東映アニメーション株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役社長:高橋浩、以下 東映アニメーション)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子、以下DeNA)は、ソーシャルゲーム事業で連携していくことを発表します。
具体的には、東映アニメーションは、DeNAが運営する「モバゲータウン」(URL:http://mbga.jp)向けに、東映アニメーションが有するコンテンツをソーシャルゲーム化し、2011年3月9日(水)より順次展開することにくわえ、「モバゲータウン」サイト上でも様々な展開を継続的に行っていく予定です。

まず、大人気バスケットボールTVアニメ『スラムダンク』を題材にしたソーシャルゲーム『スラムダンク for モバゲー』の開発が決定しました。また、人気漫画『農業ムスメ!』を題材にした、ソーシャルゲーム『農業ムスメ! 』の配信を、本日より開始します。

『スラムダンク for モバゲー』は、ユーザが『スラムダンク』に登場する高校の生徒になり、桜木花道、流川楓といった、おなじみの人気キャラクターと一緒に練習や試合を進めていき、チームを強化することができるほか、ユーザ同士で協力してチームを育成する協力プレイもあります。
本ゲームの提供開始に先立ち、本日より「モバゲータウン」内において、事前登録の受付を開始します。事前登録を完了したユーザには、もれなくゲーム内特典をプレゼントいたします。なお、サービス提供日は今春を予定しております。

本日より提供を開始する『農業ムスメ!』は、東映アニメーションが有するコンテンツとしては、初のソーシャルゲーム化になります。『農業ムスメ!』のかわいいのんびりとした世界観を忠実に再現し、「みのり村」の個性豊かな仲間たちと一緒に、たくさんの野菜を育てコレクションしたり、自分以外のユーザと野菜を交換できるなど、ソーシャル要素をふんだんに取り入れたゲームとなります。

東映アニメーションとDeNAは、2400万人以上の会員を擁する国内最大級のモバイルソーシャルゲームプラットフォーム「モバゲータウン」にて、今後も継続的にソーシャルゲームを提供していきます。

20110309_img01.jpg

■ 『スラムダンク for モバゲー』概要

  • 提供開始日
    今春提供予定
  • ジャンル
    育成シミュレーションゲーム
  • 利用方法
    モバゲータウンへの会員登録後、利用可能
  • 利用料
    アイテム課金制
  • 権利表記
    ©井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション
  • 事前登録サイトURL
    http://mbga.jp/game/cpn/slamdunk/top.html
    (携帯電話のみアクセス可能) 20110309_img02.jpg

20110309_img03.jpg

■ 『農業ムスメ!』概要

  • 提供開始日
    2011年3月9日
  • ジャンル
    育成シミュレーションゲーム
  • 利用方法
    モバゲータウンへの会員登録後、利用可能
  • 利用料
    アイテム課金制
  • 権利表記
    ©農業ムスメプロジェクト
  • URL
    http://pf.mbga.jp/12004651
    (携帯電話のみアクセス可能) 20110309_img04.jpg

DeNAのアプリ