プレスリリース | PRESS RELEASE

日本市場においてもサムスン電子製Android搭載スマートフォンにソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」を「Game Hub」として提供

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子、以下DeNA)は、サムスン電子株式会社(本社:韓国ソウル市、代表取締役副会長兼CEO:崔志成/チェ・ジソン、以下サムスン電子)が日本市場に向けて開発・販売する「Android™ OS」搭載スマートフォンに、ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage(モバゲー)」を提供します。これにより、DeNAグループやDeNAグループ以外のゲーム開発会社のソーシャルゲームが日本市場向けサムスン電子製Android搭載スマートフォンに提供される予定です。日本市場向け第一弾として、6月に発売が予定されている「GALAXY S Ⅱ」に「怪盗ロワイヤル」を始め、ソーシャルゲームを多数搭載した「Mobage」が「Game Hub」としてプリインストールされます。ユーザは、「Game Hub」を通じて、最新の人気ゲームタイトルを直感的な操作で簡単にダウンロード・プレイすることができる上、他のユーザと協力したり、競争したりすることができます。

既にお知らせ済みのサムスン電子との日本以外の全世界市場における提携に加え、このたびの日本市場における提携により、DeNAグループは、日本国内においても「Mobage」のスマートフォンユーザへの浸透を更に加速していきます。

日本市場向けサムスン電子のスマートフォンを利用する「Mobage」ユーザは、携帯、PC、スマートフォンといったデバイスを超えて、既に2,700万人を超える「Mobage」ユーザと、様々なソーシャルゲームを楽しむことができます。また、コミュニティ機能を用いて、ゲームに関する話題や共通の趣味について、ユーザと様々なコミュニケーションを図ることが可能になります。

DeNAのアプリ