プレスリリース | PRESS RELEASE

シンガポールに現地法人「DeNA Asia」を設立~東南アジア・南アジアにおけるソーシャルゲーム事業を統括~

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安功、以下DeNA)は、シンガポールに現地法人「DeNA Asia Pacific Holdings Pte. Ltd.」(以下「DeNA Asia」)を子会社として設立することを、本日取締役会にて決議したことをお知らせします。設立日は9月1日(木)の予定です。

「DeNA Asia」は、DeNAグループの東南アジア・南アジアにおけるソーシャルゲーム事業の統括拠点となります。具体的な事業内容としては、シンガポールを含む東南アジア・南アジアのデベロッパーへの開発支援やゲームの調達、デベロッパーとの提携・買収などによるゲーム開発体制の構築を図っていく他、グローバル版「Mobage」の同地域向けローカライズを担う拠点として機能を拡大していきます。

東南アジア・南アジアは、オンラインゲームを中心として市場に中長期的な成長が見込まれているだけでなく、現在、優良なデベロッパーが各地域に拠点を置いています。今回シンガポールに現地法人を開設することにより、そうしたデベロッパーとの協業をより円滑に進め、東南アジア・南アジアで開発されたゲームを、国境やデバイスの壁を越え、世界の「Mobage」ユーザに効率的な形で届けることが可能となります。

DeNAはアジアにおいて、既に中国子会社「上海縦游網絡技術有限公司(通称:DeNA China)」、韓国子会社「DeNA Seoul」を拠点とし、現地企業との様々な連携を検討・推進しています。今後も急成長中のスマートフォン市場における展開を加速させ、スマートフォン向けソーシャルゲームプラットフォームでグローバルNo.1のポジションを確固たるものにしていきます。

  • 商号
    DeNA Asia Pacific Holdings Pte. Ltd.
  • 所在地
    シンガポール共和国
  • 設立
    2011年9月1日(木)予定
  • 資本金
    50万シンガポールドル(約31百万円)
  • 代表者
    Managing Director  森 徹也
  • 事業内容
    東南アジア・南アジアにおける事業の統括
    (1)デベロッパーの開拓(2)ゲーム開発体制の構築(3)プラットフォームのローカライズ

DeNAのアプリ