プレスリリース | PRESS RELEASE

セガ、日本国内のゲームソフトメーカーとして初めて中国版「Mobage」にスマートフォン向けアプリ4タイトルを提供

株式会社セガ(本社:東京、代表取締役社長COO:臼井興(おき)胤(たね)、以下セガ)は、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安功、以下DeNA)が中国子会社の上海縦游網絡技術有限公司(本社:上海、総経理:王勇、通称:DeNA China)を通じて運営する中国版「Mobage(中国語名:夢宝谷(*1) )」にて、2011年9月28日よりAndroid(*2)端末用アプリ4タイトルを順次提供いたします。

今回セガが中国版「Mobage」に提供するアプリは、9月28日よりサービスを開始した『喜羊羊(シーヤンヤン) タワーディフェンス』と、10月よりサービス開始を予定している『喜羊羊 ジャンプ』、『喜羊羊 連連看』、『ぷよぷよフィーバー TOUCH』の計4タイトルです。『喜羊羊』シリーズの3タイトルは中国の人気キャラクター「喜羊羊と灰太狼(ホイタイラン)」のライセンスを受けて制作されたタイトルで、『ぷよぷよ』は世界中にユーザーを持つ定番パズルゲームです。

セガは、2007年より中国において40タイトル以上のフィーチャーフォン向けモバイルコンテンツの展開実績があり、このたびの中国版「Mobage」へのコンテンツ提供は、日本国内のゲームソフトメーカーとしては初めてとなります。

DeNAは、2011年7月末に中国版「Mobage」の本格展開を開始しています。今後、中国現地のゲームソフトメーカーだけでなく、日本国内のゲームソフトメーカーとも積極的に協力し、中国版「Mobage」で提供するタイトルの拡充を図ります。

昨今の中国におけるスマートフォンの急速な普及により、今後はスマートフォン向けソーシャルゲーム市場のいっそうの拡大が予想されております。本取り組みを通じて、DeNAは中国版「Mobage」を通じたさらなる価値提供を図り、セガは成長著しい中国のソーシャルゲーム市場での顧客接点の拡大を目指します。

【タイトル概要】

  • タイトル名
    喜羊羊 タワーディフェンス(中国名:喜羊羊 塔防大作戦(*1))
  • ゲーム内容
    羊vs狼という「喜羊羊と灰太狼」の世界観を活かしたシミュレーションゲーム
  • 配信日
    配信中
  • 著作権表記
    (C) SEGA/(c) & TM INFOPORT MANAGEMENT LIMITED

20110928_img01.jpg

  • タイトル名
    喜羊羊 ジャンプ(中国名:喜羊羊 大跳躍(*1))
  • ゲーム内容
    ジャイロセンサーで直感的なプレイが可能なカジュアルアクションゲーム
  • 配信日
    2011年10月予定
  • 著作権表記
    (C) SEGA/(c) & TM INFOPORT MANAGEMENT LIMITED

20110928_img02.jpg

  • タイトル名
    喜羊羊 連連看(中国名:喜羊羊 連連看(*1))
  • ゲーム内容
    中国で定番のパズルにアクション要素を追加したパズルゲーム
  • 配信日
    2011年10月予定
  • 著作権表記
    (C) SEGA/(c) & TM INFOPORT MANAGEMENT LIMITED

20110928_img03.jpg

  • タイトル名
    ぷよぷよフィーバー TOUCH(中国名:魔法気泡(*1))
  • ゲーム内容
    定番落ちものパズルゲーム
  • 配信日
    2011年10月予定
  • 著作権表記
    (C) SEGA

20110928_img04.jpg

□記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
*1: 実際は簡体字中国語による表記となります。
*2: Android is a trademark of Google Inc.

DeNAのアプリ