プレスリリース | PRESS RELEASE

「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方の公表を受けての対応とプラットフォーム事業者6社の取り組みについて

本日、消費者庁より「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方の公表及び景品表示法の運用基準の改正に関するパブリックコメントについての発表がなされました。NHN Japan株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森川亮)、グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和)、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:藤田晋)、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安功)、株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林宏)および株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原健治)のプラットフォーム事業者6社(以下「6社」)は、この発表を真摯に受け止め、ソーシャルゲームプラットフォーム連絡協議会として、すでに作成中のコンプリートガチャ(以下「コンプガチャ」)に関するガイドラインに、今回の消費者庁からの発表をはじめとした関係各所のご意見を反映させます。

6社は、そのガイドラインを可能な限りすみやかに完成させ、それに則り、ソーシャルゲームの運営を行ってまいります。また、コンプガチャ以外のガイドラインについても、継続して協議、検討していき、業界全体で、お客様が安心安全に楽しめる環境の維持と向上を目指してまいります。

多くのお客様にご利用いただいているサービスを提供する企業として、お客様に対するサービス内容の向上を図るため、6社では、5月9日に、開発、運営しているソーシャルゲームなどのサービスにおける全ての、いわゆるコンプガチャに関し、5月31日までに取り扱いを終了することを自主的に決定しました。今後は、事業者としての考え、対応について、パブリックコメント(意見公募)等を通じて意見提出することも検討していきます。

以上

DeNAのアプリ