プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNA、無料通話サービス『comm』を世界204の国と地域で配信開始~スマートフォンにおけるグローバル規模でのユーザベース拡大を推進~

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安 功、以下DeNA)は、2012年10月23日(火)より、無料通話サービス『comm(コム)』を、iOS・Android端末向けアプリとして日本や欧米、アジアをはじめとした世界204の国と地域で配信を開始します。

20121023_img01.jpg

 『comm』は高音質な通話やメッセージによって多彩なコミュニケーションを楽しむ事ができる、実名登録制の新しいスマートフォン向けサービスです。本サービスではDeNAグループが持つ技術的なノウハウや大規模なインフラ環境を使用する事により「通話がとぎれず※1、相手の声がしっかりと聞こえる※2」通話を実現しています。

 また通話機能以外にも、個人やグループでメッセージ交換を楽しむことができる機能や、友人の近況や更新情報を知る事ができるアクティビティ表示機能、『comm』を使用していない友人にも本サービスを経由してメールを送信できる機能※3など、様々な機能を備えています。

 本サービスはニックネームやサービス固有のID(検索などで用いられるキー)を使用せず、実名での利用を前提として設計されており、ユーザは家族や親しい友人など、連絡をとりたい相手を実名で検索し「友だちリスト」に追加する事によって、コミュニケーションを楽しむ事ができます。

 DeNAは、スマートフォン向けに実名登録制のサービス『comm』を配信し、今まで「Mobage」など既存の運営サービスではリーチが難しかったユーザ層にも利用いただく事で、自社が運営するサービス群におけるユーザベースの拡大をグローバル規模で行う予定です。将来的には「Mobage」や「ビッダーズ」など自社の運営する様々なプラットフォームと『comm』の連携を図る事によって、自社が運営し保有するサービスにおける相互価値の向上を予定しています。

 DeNAは1999年の会社創業以来、数多くの新規サービスを立ちあげ事業領域を拡大し続けてきました。DeNAは今後も自社の持つノウハウと資産を最大限に活かし、事業展開を国内およびグローバル規模で進めていきます。

※1 通信の安定性のため、音声データ通信はクライアント・サーバー方式を採用し、大規模サービスで実績のあるネットワークインフラストラクチャを使用しています。
※2 一般的な携帯電話での通話よりも高いビットレートの音声コーデックを使用しています。
※3 『comm』に登録したユーザには@co-mm.comのアドレスが自動的に付与される形となり、ユーザの携帯端末の電話帳を『comm』に登録している場合、『comm』を利用していない友人(PC、フィーチャーフォンユーザ含む)にもメッセージを送信する事が可能です。

『comm』について

DeNAのアプリ