プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNA、"広大なフィールドを駆け巡る"王道RPG『マジック&カノン』を本日配信開始

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、「Mobage(モバゲー)」(URL:http://mbga.jp/)向けに2013年10月9日(水)本日、"広大なフィールドを駆け巡る"王道RPG『マジック&カノン』を配信開始しました。本作ではメディア・ビジョン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:福島 孝)が開発パートナーとして参加しています。

20131009_img01.jpg

 『マジック&カノン』は、フィールドやダンジョン内で主人公たちを自由に駆け巡らせてお宝を集めたり、遭遇する敵とバトルを繰り広げながら「知られざる魔法」(マジック)と「巨大大砲」(カノン)の力を探し求める物語を展開する最新作RPGです。バトルは「攻撃」や「防御」、「特技」などRPGおなじみのコマンド選択型で展開し、多彩な攻撃演出や敵キャラクターの個性豊かな動きが楽しめます。
 また、本作ではイヌやウシ、ウサギといった様々な動物をモチーフにした、帽子のような形の「ソロモンヘルム」という装備品が登場します。これをかぶる(装備する)ことによって、特殊能力が発動し、バトルで選択できるコマンドが変化するシステムもこのゲームの大きな特徴です。

序盤のストーリー

 『マジック&カノン』の物語は、産業が進み動物たちが豊かに暮らす「自由散歩主義」の時代に、「毛玉派」と「鱗玉派」のふたつの勢力が対立構造を成す「アースリウム」という世界を舞台に始まります。ある日、「鱗玉派」の最右翼「新興軍事国家メカエル帝国」が、最終兵器(ドラゴン)の開発に成功し、世界に戦争の危機が訪れます。
 物語の主人公は、アースリウム北西の辺境の村で暮らす、小さい人間のような容姿を持つ種族「ミニニン族」の一人。最初の冒険は、ミニニン族の村の村長に依頼される、村近くの洞窟に住み着いたモンスターの討伐で始まります。
 その後、村を出て向かった「犬の国」で犬の国王ガルル王の要請を受け、同じミニニン族の若者のリトラとウルズとともに、ドラゴンを倒す旅に出ることになります。犬の騎士たちによると、最終兵器への対抗手段は2つ。「知られざる魔法」を探して西へと旅立つか、それとも「巨大大砲」の力を求めて東へと旅立つか。『マジック&カノン』の不思議な冒険の物語がいよいよ始まります。

概要

20131009_img02.jpg

20131009_img03.jpg

DeNAのアプリ