プレスリリース | PRESS RELEASE

300万ダウンロード記念企画人気マンガ家の連載が無料で読める「マンガボックス」で「週刊少年マガジン」の掲載作品をそのまま無料配信

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)が運営する人気マンガ家の連載が無料で読めるマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」(iOS/Android版)では、2014年3月12日(水)に発売された 「週刊少年マガジン 2014年15号」の掲載作品(一部を除く)を、3月19日(水)から25日(火)まで無料で配信します。これは、「マンガボックス」の累積300万ダウンロード突破を記念して、株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸)の協力により実現した、読者向け感謝企画となります。

(注:今回の配信は、iPhone、iPad向けのみとなります)

20140319_img01.png

【マンガボックスとは】

 「マンガボックス」は、週刊マンガ雑誌アプリです。「金田一少年の事件簿」の作者が描き同作の登場人物が活躍する「高遠少年の事件簿」や、「進撃の巨人」のスピンオフ4コママンガ「寸劇の巨人」など41作の連載がラインアップされています。毎週水曜日に最新号の更新を開始し、毎日4~7作品ずつ一週間で全作品が更新されます。最新号を含む過去12号分のバックナンバーが常時閲覧可能で、それ以前の部分についても、各作品の冒頭100ページ程度をアーカイブから閲覧できます。掲載マンガについては、印刷物のマンガ雑誌と同様に電子書籍化、単行本化しての販売を予定しています。講談社、小学館など大手出版社との提携で、人気マンガ家の新作や人気マンガのスピンオフ作品などを集めたほか、独自の編集部も設立し、新人作家の育成にも注力します。編集長は、マンガ原作者、脚本家、小説家として活躍中の樹林伸(きばやししん)氏がつとめ、日本版、英語、中国語(繁体字)に対応しており、将来的にはさらなる多言語化も検討しています。

  • サービス名
    マンガボックス
  • アイコン
    20140319_img02.png
  • 配信開始日
    2013年12月4日(水)
  • 配信形式
    スマートフォン( iPhone/iPad向け、Android端末)向けアプリ
  • ジャンル
    マンガ
  • 利用料金
    無料 (掲載作品は、電子書籍や単行本として販売の予定)
  • 権利表記
    ©DeNA Co.,Ltd.
  • 対応OS
    iOS6.0以降 Android2.3.3以降 ※一部非対応の端末があります
  • 配信地域
    日本、欧米、アジアなど140の国と地域
  • 対応言語
    日本語、英語、繁体字中国語(他言語に関しても対応を検討)
  • URL

Phone、iPod、iPod touch、iPadは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
Google、Android、Google Play(旧 Android マーケット)は、Google Inc.の商標または登録商標です。

DeNAのアプリ