プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNAと日本ユネスコ協会連盟が初のコラボレーション

20150205_img_01.jpg

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は国際連合教育科学文化機関(以下UNESCO)憲章に賛同し、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟(所在地:東京都渋谷区、会長:松田 昌士、以下ユネスコ協会)とともに、UNESCO創設70周年を記念して、世界遺産やユネスコ協会が実施する世界遺産活動の周知を図ることを目的に、2月5日(木)より世界遺産をコンテンツにした教育ゲーム『世界遺産ランナー』の配信を開始します。

 現在、世界遺産は1,007件、その内「富士山」に代表される日本の世界遺産は18件です。『世界遺産ランナー』は、この中から100の世界遺産を選び、「ヨーロッパ」「アフリカ」「北米」「中南米」「中近東」「オセアニア」「アジア」「日本」の世界8地域を舞台に各地のアイテムなどを入手しながらゴールを目指すラン系アクションゲームです。昨年、世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」もゲーム内に登場します。冒険のキャラクターとして、ユネスコ協会の世界遺産活動 特別大使「犬」(ワンバサダー)「わさお」を選ぶこともできます。

 本ゲームは、「プレイしながら世界遺産に興味を持つようになる」をコンセプトに開発され、世界遺産の画像を楽しめるとともに、世界遺産について学ぶことができます。なお、UNESCOの活動を支援しているANA(※)の飛行機がゲーム内に登場します。また、ゲームを通じて環境保全や文化継承に貢献する意識を涵養するとともに、ゲーム内からユネスコ協会のウェブサイトを通じて、世界遺産の保護保全のためUNESCOへ寄附することもできます。

 DeNAとユネスコ協会は、「世界遺産ランナー」を通じ、世界遺産の保護保全を目指すとともに、環境や社会、文化に貢献していきます。

教育ゲーム『世界遺産ランナー』概要

iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。

※ANAは、UNESCOとユネスコ協会が締結した協定のもとUNESCOの活動を支援する企業で、「UNESCO公式サポーター」です。

■UNESCOと日本ユネスコ協会連盟について
UNESCOは、第二次世界大戦後の1946年に、人類が二度と戦争の惨禍を繰り返さないようにとの願いを込めて、各国政府が加盟する国際連合の専門機関として創設され、本部はフランス(パリ)にあります。
日本ユネスコ協会連盟は、UNESCO憲章の理念にもとづき、国際平和と人類共通の福祉の実現を目指し、国内外での教育の普及や、国内外の自然や文化の保護保全する世界遺産活動等、さまざまな活動を推進しています。

DeNAのアプリ