プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNAのプログラミング学習アプリ 『プログラミングゼミ』を「渋谷区モデル」に採用

渋谷区が区立小学校に配布したタブレット全台にアプリを導入し、モデル校にて実証研究授業を実施。渋谷区の小学校に対しプログラミング教育を推進

  株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO 守安 功、以下DeNA)のプログラミング学習アプリ『プログラミングゼミ(URL:https://programmingzemi.com/)』が「渋谷区モデル」に採用されました。渋谷区が区立小学校の児童と教師に配布したタブレット全台にアプリが導入され、2017年10月より順次、本アプリを活用した授業が行われる予定です。

20171019_img03.jpg

  本取り組みは、2020年から始まる新学習指導要領でのプログラミング教育必修化に向け、小学校でのプログラミング教育を推進するとともに、小学校低学年からのプログラミング体験の機会と環境を提供することを目的としています。

  なお、今回渋谷区への『プログラミングゼミ』導入にあたり渋谷区とDeNAで協議した結果、渋谷区立千駄谷小学校をDeNAのプログラミング教育のモデル校に選定しました。小学校1、2年生に向けて約半年間、全10回のプログラミング授業を実施します。また、渋谷区立小学校の全18校の放課後クラブでは、『プログラミングゼミ』の体験講座を実施する予定です。DeNAではモデル校での授業を通じて、渋谷区の他の小学校でも『プログラミングゼミ』を使った授業を自走して行えるよう環境整備を進めていきます。

■『プログラミングゼミ』について

20171019_img02.png

  『プログラミングゼミ』はビジュアルプログラミングを採用。パズルや既成プログラムの組み替え、ゼロからオリジナル作品を制作するなど、基礎から応用、創作まで小学校低学年の子どもたちでも理解しやすく、楽しみながらプログラミングの概念などを習得できるプログラミング学習アプリです。プログラミングの技術的な理解については解説動画をアプリ内で見ることもできます。また、子どもたちが描いた絵をアプリに取り込むことで、絵が自分のプログラムに沿って動くインターフェイスを取り入れており、子どもたちの創作意欲を喚起します。

  『プログラミングゼミ』はオフラインで使用でき、小学校、家庭、塾などあらゆる環境でご利用いただけるよう、iOS、Android、およびWindows搭載端末に対応。タブレットPCやスマートフォンなど様々なデバイスで使用できるため、公教育現場はもちろん家庭で親子一緒にプログラミングを体験するアプリとしてもご活用いただけます。

※『プログラミングゼミ』については、以下リリースもご覧ください。
プレスリリース:小学校低学年向けプログラミング学習アプリ『プログラミングゼミ』を無料で提供開始

※『プログラミングゼミ』開発者・末廣章介インタビュー
3年半の実証研究授業で子どもたちは何を学んだのか。作品とともに振り返る

■「プログラミングゼミ」概要

iPhone、iPod、iPod touch、iPadは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
Google、Android、Google Play(旧 Android マーケット)は、Google Inc.の商標または登録商標です。
Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

DeNAのアプリ