事業成長・メンバー育成にコミットしながら
ユーザー体験の最大化を目指す
エンジニアマネージャーの挑戦


  • 弘島 晃

    大手ITベンダーのシステムエンジニアとしてキャリアをスタートし、その後グローバルメーカーのIT部門を経て、2013年にDeNAに入社。入社後はDeNAグループへの会計システム導入プロジェクトを担当した後、EC領域でサービス開発・運営に従事。現在はEC領域のプロダクト開発におけるマネジメントに加え、オークション事業の事業責任者を務める。

DeNA入社前の経歴

システムエンジニア時代は、ヘルスケアやオートモーティブ領域で企業向けシステムや自社プロダクトの開発に従事していました。ITを使って企業活動を効率化したり、バリューチェーンを最適化したりすることに貢献するという意味では非常にやり甲斐のある仕事でしたが、エンジニアとして技術を磨いていくだけでなく、その技術を使ってどのような価値を提供するかということに軸足を移したい気持ちが強くなり、転職を決意。グローバルメーカーにて自社サービスの開発・運用に従事した後、よりスピード感やベンチャー気質のある環境を求めてDeNAに入社しました。


現在の仕事

現在は二つの役割で仕事をしています。一つ目はEC事業領域で活躍するエンジニアやクリエイターの横断的なマネジメント業務、二つ目はDeNAが展開するオークション事業の事業責任者です。
どちらもマネージャー・リーダーとして、メンバーのパフォーマンスを最大限発揮できる環境を整えることや、メンバー個々の成長角度を最大化することを大切にしています。また、オークション事業においては、事業責任者として収益を追うだけでなく、ユーザー体験の最大化を目指してサービスやプロダクトの改善に日々取り組んでいます。

ターニングポイント

エンジニアとしてのターニングポイントは二つあります。
一つ目は、前職でヘルスケアのシステム開発を担当していた時に、自分の設計ミスやバグによってシステムを利用している医療機関だけでなく最悪患者さんに影響を与えてしまうかもしれないと、自らの仕事が与える影響を強く意識するような経験をしたことです。この経験はその後、様々なシステムやサービスを担当する際に徹底してユーザー目線で物事を考えるきっかけになったと思います。
二つ目は、現在担当しているオークション事業の責任者になったことです。元々エンジニアとしてのキャリアを歩みながらも事業開発や運営に興味をもっていたのですが、実際にその立場になってみて分かることが多くあり、事業リーダーとしてはまだまだ未熟ですがチャレンジを楽しんでいます。


DeNAのよいところ

職種や年次・役職に関係なく、社員全員が「コトに向かって」邁進している風土が好きです。また、私自身がそうであるように、事業領域や職種を超えてチャレンジできる環境があることもDeNAで働く魅力だと思います。
そして、エンジニアとしてサービスの企画フェーズから積極的に参画し、開発だけでなく運用フェーズにおいても自らサービス改善に取り組んで結果を追うことができる点も面白さの一つかと思います。環境面においては、インフラ基盤や分析など共通部門にスペシャリスト集団がいることも、サービス・プロダクト開発においてのアドバンテージではないかと思います。


趣味・余暇活動

小学生になる娘と公園で体を動かしたり買物に出かけたり、最近はScratchで一緒に作品を作ることを楽しんでいます。平日は家族との時間が取りづらいので、週末は家族と一緒に過ごす時間を大切にしています。年に一度はまとまった休みを取って旅行に行くことが、家族皆の楽しみになっています。
個人的には子育てが落ち着いたら、最近興味を持っているプロボノにチャレンジしてみたいと考えています。

エンジニア採用コンテンツ

募集要項・エントリー

DeNAでは、技術の革新を求め、
事業の成長を牽引出来る
エンジニアを常時募集しています。