「テストエンジニア業界を
牽引する存在に」
若きSWETリーダーの挑戦


  • 沖田 邦夫

    精密機器メーカーにて新規事業開発のAPI・インフラ・システムアーキテクチャの設計・開発・テストを一通り経験後にDeNAに入社。現在はテストエンジニアリングを担う部署であるSWET(Software Engineer in Test)グループのリーダー。デベロッパーサミットコンテンツ委員、日本Seleniumユーザコミュニティー。「Selenium実践入門」の共同執筆、雑誌「Web+DB PRESS」への寄稿も行っている。

DeNA入社前の経歴

精密機器メーカーの新規事業開発で、インフラから自動テスト開発まで一通り携わりました。その過程で、プロダクトを上手に設計すること、そして上手に設計されたプロセスやテストを実施することで、最初から品質の高いプロダクトを作りこむことができることに気づき、ソフトウェアテストエンジニアリングに興味を持ちました。
そのようなタイミングでDeNAの社員から誘いを受け、大規模かつスピーディーなビジネス環境の中で、いかに品質を保ちながらスピーディーにプロダクトをデリバリーしていくかということを追求していくSWETの考え方に共感し、チャレンジすることを決めました。


現在の仕事

DeNA入社後は、Mobageのオープンプラットフォーム事業を担当し、プロセスおよびプロセスを高速に回すための様々な自動テストとCI/CDの開発を行ってきました。
現在はSWETグループのリーダーを務めており、プレイングマネージャーとして様々な事業のサポートを行いつつ、事業部が自らプロダクトの品質向上活動を推進しながらビジネスをドライブできるよう、総合的なテスト文化作りを行っています。

DeNAのよいところ

新卒で入社した社員が数ヶ月でぐんぐん成長してプレゼンスを発揮していき、それに伴ってどんどん大きな仕事を任せられるようになっていくところが本当にすごいと思います。それは、DeNA Qualityに代表されるような「誰が言ったかではなく何を言ったか」という考え方を重視していたり、ユーザーはもちろんその他全てのステークホルダーに対する「デライト」を徹底的に考え抜くようなカルチャーが浸透しているからで、そのような刺激的な職場で働けることが幸せです。


欠かせないモノ

昔は道具(ハード・ソフト問わず)にこだわってクオリティと深さを追求していたのですが、最近は良いと思うものがあればすぐに乗り換えるようになり、変化に追従するほうを好むようになってきました。 ですが、1点こだわっているのは「机に奥行きがあること」です。キーボードを体の位置から遠く離して、腕全体を机の上に乗せるようなコーディングスタイルは集中できて疲れにくいので、出来る限りそれが実現できるように周辺の環境を整えることだけは欠かしません。


将来のビジョン

最近ようやく日本でもソフトウェアテストエンジニアが職種として認知されるようになり、SWETのような組織がいくつも出来てきました。DeNAの中で事業に貢献しながらSWETの社内外でのプレゼンスを向上させていくことによって、日本のソフトウェアテストエンジニア業界を牽引していけるような存在になりたいと思ってます。

エンジニア採用コンテンツ

募集要項・エントリー

DeNAでは、技術の革新を求め、
事業の成長を牽引出来る
エンジニアを常時募集しています。