iOS開発のプロが目指す
「サービス全体を
扱えるエンジニア」への道


  • 黒沼 慎太郎

    国内パッケージソフトメーカー・Web企業を経て、2013年DeNAに入社。音楽配信サービスやチラシアプリなど複数の新規事業にて iOS アプリ開発のリードエンジニアを担当した後、現在は子会社DeSCヘルスケア株式会社にて健康レコメンデーションメディア "KenCoM"においてサーバー・クライアント両方を手掛けるフルスタックエンジニアとして従事。

DeNA入社前の経歴

Javaでのアプリケーションフレームワーク開発を担当した後、Windows向けIMEのMac OS向け移植やiOS向けの新規アプリ開発などに携わっていました。当時は少数精鋭のチームでiOSアプリを開発できることが誇らしく、毎日先進的なことをしているような気持ちで働いていましたが、iOSアプリ開発が徐々に世の中に浸透し始めると、「サーバも含めたサービス全体を扱えるエンジニアにならないと先はないのではないか・・・」と思うようになりました。
在籍していた会社はパッケージ開発がメインだったため、サービス開発に携われるWeb系企業を探していたところ、新規サービスを複数立ち上げて事業を拡大しつつあるDeNAに出会い、転職を決めました。


現在の仕事

入社後はiOSアプリ開発の経験を買われて複数の新規事業をリードしてきましたが、現在はサーバサイドエンジニアとして、住友商事さんとの合弁会社であるDeSCヘルスケアのサービス「KenCoM」の開発に携わっています。プロジェクトにジョインした当初は事業理解も浅くサーバサイドの知識も素人同然で、思っていた以上に成果を出すことができず、メンバーからの厳しくも指導的なレビューを受け止めながら理解を深めてきました。最近、新コンポーネント開発のエンジニアリードを経験し、ようやくサーバサイドエンジニアを名乗れるところまで来れたと思っています。
同時に他サービスのiOS/Android開発のヘルプもしていて「何でも屋」状態ではありますが、「サーバも含めたサービス全体を扱えるエンジニア」像には近づいている気がしています。

ターニングポイント

入社したての頃に、企画担当者と雑談ベースで「最後の砦意識」について話したことが、自分のサービス作りに対する意識を変えました。
DeNAでサービス開発に関わっている人達は、自分が手掛けているサービスやそれを使うユーザーのことを寝ても覚めても考え続けています。「サービスのクオリティを決定づける最終ラインは自分が握っている」という意識が物凄く高いんですね。自分自身はそれまで、エンジニアとして機能を実現することばかりに囚われていて視野が狭かったように思うのですが、その日を境に高い目線で前のめりに事業に取り組むようになりました。


DeNAのよいところ

事業成功に向けたチームの結束力・コミットメントが物凄く高く、メンバー全員が心血注いで考え抜いて業務に取り組んでいることです。少しでもユーザーのニーズを刺せていないと感じたら、ポジションに関係なく議論・交渉して変えていける風通しの良さも気持ちが良いです。会社規模が大きくなってもベンチャー的なハングリー精神を持ち続けているのはDeNAならではだと思います。
また、働き方の裁量が大きいことも嬉しいですね。アウトプットの質の担保やメンバーへの情報共有は大前提ですが、リモートワークができる環境が整っているため、出社時間の融通が利いたり場合によっては自宅勤務ができることは有難いです。お陰様で子ども行事にはほぼ出席できています。


将来のビジョン

技術的・社会構造的な壁をアイディアで乗り越えて、世の中の常識を変えるインパクトのある成果を残したいです。
また、クライアントエンジニアからサーバエンジニアに転身して、知識と経験の幅を持つことの大切さを思い知りました。自ら考えて手を動かして解決していける領域が広がりますし、組織のレベルの底上げにもつながりますし、何よりも自分自身が楽しいですから。ユーザーに驚きと喜びをもって受け入れられる未来のサービスを考え、実現するために経験と技術を注ぎ込む「ものづくりの魅力」を広く深く味わってもらえるよう、人と技術を育てることにも力を入れていきたいと考えています。

エンジニア採用コンテンツ

募集要項・エントリー

DeNAでは、技術の革新を求め、
事業の成長を牽引出来る
エンジニアを常時募集しています。