DeNAの技術力


事業と、技術に、真摯に向き合い、
最先端技術でチャレンジングな仕事に挑む

  • 柔軟で適切な技術選定

    言語や技術選定に特別な縛りはなく、そのとき新しく開発するサービス特性にあった技術を選定することができます。以前は Perl で開発されたサービスが多かったものの、近年は Ruby, Scala, Go など様々な言語を適用しています。インフラもオンプレミスやクラウド(AWS/GCP)を柔軟に使い分けられます。iOS/Android アプリ開発では、Swift や Kotlin での開発が盛んに行われています。

  • 最新テクノロジーの適用

    高度な事業課題を解決するために、様々な最先端テクノロジーへの取り組みを行っています。ディープラーニング技術を活用したチャットの対話AIの開発を始め、VRアプリーケションの開発、OpenStackによるプライベートクラウドの開発、http/2サーバの開発など、多様なチャレンジを行っています。

  • コード重視の文化

    DeNA のエンジニアリング現場では、仕様や設計を考えた人が、そのままコーディングするのが一般的。だからエンジニアには、自ら手を動かしてコードを書ける能力が求められます。コードレビューも頻繁に行われ、マネジメント志向のエンジニアはもちろん、サービス企画志向の人も、コードを書く能力、あるいはコードレビューを通して有用な指摘が行える能力が必要です。

  • 専門技術チームの存在

    事業やサービスを横断して、専門的な技術課題に取り組むチームがあります。テストエンジニアリングに特化したSWET(Software Engineering in Test)や、セキュリティ技術チーム、AIや分析基盤の専門チームなどがあり、業界トップクラスの技術力を結集して、各事業の競争力を紡ぎ出しています。

エンジニア採用コンテンツ

募集要項・エントリー

DeNAでは、技術の革新を求め、
事業の成長を牽引出来る
エンジニアを常時募集しています。