JOB

アナリスト

ANALYST

自分だからこそ出せる価値を常に考える。
自発的に仕事をするのが実現できる環境

アナリスト/中川 友喜

アナリスト/中川 友喜

現実とは違う世界への憧れから、ゲームの仕事をしようと決心

学生時代はずっと歴史を勉強していて、もともとRPGや戦記物、大河ドラマなどの世界感が好きでした。歴史とゲームの共通点って現実とは違う世界を体験できる点だと思いますが、そこに憧れていたんですよね。大学卒表後は大手の某ゲーム会社にプランナーとして入社しました。PCオンラインゲームのプランニングやコンテンツの開発を3年程やっていました。その後、今後のキャリアを考えたときにアプリゲームにも挑戦してみたい、数字やデータを元にもっと施策判断やゲームの開発・運営ができるようになりたいと考え、そこに強みを持っているDeNAに転職しました。転職の際、はじめは広く色々な業界を見たり受けたりもしましたが、ゲーム以外だと将来像が描けなかったのと自分の中で熱量を持って働けるのはゲーム領域だと感じたので、ゲーム業界に絞って転職活動をしていました。

アナリスト/中川 友喜

未経験ながらも入社後、『逆転オセロニア』の分析を担当

入社してからは分析部に配属になりました。分析の仕事は初めてでしたが、『逆転オセロニア』で主に日々の分析業務を先輩から教わりながら覚えていって、どこでプレイヤーが離脱しているか、続けてくださっているかなどをアナリストとして重点的に分析しました。今年に入ってからは別のタイトルの分析も行っています。ベテランのアナリストにサポートをしてもらいながらタッグを組んでやっているという状況です。基本的にDeNAは個人のポテンシャルが高いというのがベースにありますが、チームとして向上していこうという熱意を感じます。チームの課題を発掘・共有して解決に導いたり、仮説を検証したりすることが好きな人が多いし、タイトルの課題解決やコトに向かう姿勢の強い人が多いという印象を受けています。

やるべきこと、自分だからこそ出せる価値は何かを自問自答

普段から強く意識しているのは、今一番最重要で考えなければいけないことは何なのか、ということです。セルフマネジメントを求められる会社なので、やろうと思えば何でもできてしまうのですが、その中で今自分がやるべきこと、自分だからこそ出さなければいけない価値が何なのかを常に考えながら仕事をするようにしています。例えば『逆転オセロニア』のTVCMが2016年末にあり、年明けにどうタイトルを盛り上げていくか決めなければいけない状況がありました。アナリストとして自分が何をしなければいけないかを考えたときに、来てもらったプレイヤーに遊び続けてもらうことのが最重要なので、そこの分析業務に工数のほぼすべてを割くことにしました。プロデューサーやディレクターとタッグを組んで、目標に向かって一丸となれたことは、DeNAらしい出来事だったなと思っています。
1人1人の社員が上司に言われたからやるというスタンスで指示を待っている訳ではなく、自分から何をしなければいけないか、自発的に自分で実行しているのが良い所ですね。

アナリスト/中川 友喜

自発的に行動していける人にとって最適の職場。

DeNAにどういったタイプの方が向いているかというと2つあります。1つは、自分で考えて、行動、結果を出すことが苦ではないタイプ。その中で高みを目指していったり、ビジネスを大きくしていったり、そういうマインドの人に来て欲しいし、そうじゃないと辛いと思います。あと2つ目はやっぱりゲームが好きな人。ゲームを作ったり、運営したり、プレイヤーを楽しませることが好きな人とぜひ一緒に働きたいですね。自分としては今後のキャリアについて色々な選択肢がありますが、ゲームの開発や運用にもっと深く関わっていきたいなと思っています。例えば分析のエキスパートになって、どのタイトルも見られるようなスキルを持つということも選択肢の一つです。あるいは分析で培ったデータ処理能力や論理的思考を生かして、より構造的に面白くて長く遊べるゲーム作りを目指したり、企画やディレクターなどの将来も見据えて仕事をしていくことも考えられます。もっと開発に関わりたいので、分析を通じて得たバックグラウンドをゲームのプランニングに活かしていけたら良いと思っています。

知りたいのはプレイヤー心理。休日もゲームについて考えています

ゲームが好きなので、土日もゲームをやっています。自社のゲームの他にオンラインや家庭用ゲームもやりますね。ハマってしまって、つい夜中までやりこんでしまい寝不足になることも(笑)。初歩的なレベルではありますが、個人的にゲームを作ったりするのも好きですね。人が何を考えているか、どういう動機を持って行動に至るのか、どんなところに感性として惹かれたり感情を揺さぶられるのか興味があるので、そういったジャンルの本を読んだりもします。自分の場合は、余り仕事とプライベートを切り分けていないですね。

アナリスト職種紹介へ

職種紹介へ戻る