JOB

ディレクター

DIRECTOR

メインビジュアル

ディレクターの仕事とは?

「ゲーム開発においての責任者」「リーダー」としてチームマネジメントを行い、ゲームの面白さを追求するのがディレクターの仕事です。プロデューサーが実現したい面白さを汲み取って、どういった形でゲームに落とし込んでいくのかを考え、開発チームを率いながら、「面白さの実現」を徹底的にこだわります。
企画・構成・ゲームの仕様・遊び方・デザイン等を決め、プロジェクトを推進します。

社内イメージ

チームの中での役割

  • 新規・運営内製ディレクター

    新しいゲームをどのような形で世にリリースするのか、発想力を武器に提案し、新しい面白さを追求するのが新規ゲーム開発の仕事です。ゲーム開発においての責任者であり、デザイン、システム、ストーリー等の全ての決定を行います。
    運営においては「面白さ」を継続的に提供し続けることがミッションとなります。

  • 新規・運営協業開発 ディレクター

    面白いゲームを作り、運営していく責任者という点は、内製ディレクターと同じです。プロデューサーや協業会社の方々と議論を重ねながら、そのゲームが目指す「面白さ」を実現することに挑みます。また協業特有の要素として、パートナー様が何が得意で、どこが不得手かを察知し、その部分を意識的にフォローします。

どんな人と一緒に働きたいか

ゲームの開発責任者なので、ゲームが好きであることは絶対条件です。プロデューサーが考えたアイデアを受け取って、どういう形に仕上げればユーザーに長く遊んでもらえるのか、考える力が必要です。世の中で見たことがないようなゲーム、エッジの効いた要素をうまくまとめ上げるような人と、一緒に働きたいと思っています。
IPタイトルの場合は、IPの魅力を十分に引き出して、ファンの人たちがとどまり続けてくれるようなものを、版元様を巻き込んで一緒に考える必要があります。DeNAだからこそ作れる価値を追求してくださる方を募集しています。

INTERVIEW