JOB

ディレクター

DIRECTOR

コミュニケーションを大事にし
市場を賑わすゲームを創る

ディレクター/北林 達也

ディレクター/北林 達也

プレイヤーとのリレーションが図れるモバイルゲームへ

今までの経歴としてはコンシューマー向けゲーム会社に入社し、プログラマーを経てプロデューサーとして数々のタイトルに関わらせていただきました。その後、プレイヤーとのリレーションを図ることに興味があったので、売り切りではなく運営業務が発生するモバイルゲームに携わるように。
モバイルゲームがより高機能化を目指し、コンシューマーゲームがよりソーシャル化を目指している中、最終的にプレイヤーとのソーシャル要素を持ったゲームに集約されていく未来を感じたんです。ならば、運営のノウハウがきちんとある事業会社で学びたいと思いDeNAに転職しました。
実際入社してから感じたのは、企画職の人含め分析やマーケットリサーチに強く全体的にバランスの良い人が多い印象で、また、ゲーム以外の事業もたくさんあるので、自由に色々できる会社だなと。1つの事業に特化しすぎた会社に比べ、バランスがいい人たちがいるというのは魅力だと思います。

ディレクター/北林 達也

数値化することで理にかなったゲーム設計ができる

入社後は、『戦魂-SENTAMA-』の運営スタッフとして、新規コンテンツ追加に関わったりイベントのオーナーを担当したりしました。その後はDeNAでの開発、運用経験を活かして某IPタイトルの新規案件の開発ディレクターを現在も行っています。
運営業務をやるようになり、DeNAの凄さを感じたのはゲーム分析の部分です。例えばアイテムの価値ひとつとっても、そのアイテムを手にいれるためにどんな時間をかけるのか、イベントの報酬が遊ぶ時間の理にかなっているかなど、すべて数値化し、検証しているところですね。データで裏付けられたゲーム分析がゲーム設計に活かされている部分がDeNAらしい部分であり、とても勉強になってますね。

情報共有を密にしてチーム意識を芽生えさせる

現在某IPタイトルの新規案件のディレクターをしているのですが、既存のアニメを元にしたタイトルのため、版権元の会社さんや開発会社さんなど多くの外部の方と一緒にお仕事をさせて頂いています。DeNAの強みである分析やレベルデザインなどと、ゲーム制作に対して強みを持つ開発会社さんとがお互いの良さを引き出したモノ作りが出来たときは本当に嬉しいですね。
今の案件は、社内外含め40名ほどの人達と一緒に開発しているのですがその中で大事にしていることは、中の人、外の人という意識にならないよう、同じ目線でモノを作ること。それに欠かせないのは、コミュニケーション回数を増やすことや、きちんとした情報伝達ですね。窓口になる人がただの情報を右から左に流す係になってはダメだなと思って。プロジェクトに関わる人が全員参加しているチャットなどで、全員をつなぎチーム全員に「全員で一つのチームだ」と意識づけるようにしています。いい仕事をするには、時に意見がぶつかることもありますが、そこにはお互いのリスペクトが必要だと思っています。私は、ディレクターという立場から、チームメンバーがそうできるように努力すべきだなと。そういったことが実り、最初はバラバラだった目線が揃い、面白いゲームを作り、それが売り上げにつながったと感じる瞬間は、この仕事をしていてよかったなと充実感を得ることができます。

ディレクター/北林 達也

他にはないスピード感が魅力

DeNAが掲げている、ずっとチャレンジャーであるという「永久ベンチャー」マインドは、入社後もずっと感じています。そういったマインドがあるからこそ、新しいことをするときも意思決定から実行までスピード感がでるのだろうなと。「事業のために」という意識をもっていれば、色々な提案や企画ができることも魅力ですね。何かやってみたいというチャレンジ精神が旺盛な人こそ、DeNAに合うんじゃないでしょうか。逆に、人からの指示を待つタイプの人には向かない会社なのかもしれません。

平日にも子どもに会えるフレキシブルなワーキングタイム

出勤時間がそこまで早くないので、朝ゆっくり子どもと触れ合えるのが嬉しいですね。子供がまだ小さい時は幼稚園に送っていくのは私の役目でした。子どもの寝る時間が早いので、夜一緒に遊んだり話したりするのは難しいのですが、平日でも子どもと触れ合える時間が取れるのはとても助かっています。休日も子どもと一緒にいることが多いですね。エンタメを作る部署なので仕事の参考も兼ねて、一緒にゲームショーやおもちゃショーなどに行くのですが、遊びながら新しい情報も手に入れられるし、作り手の立場から離れて純粋にお客さんの気持ちになれ、それがモノ作りにも活かせているんです。

ディレクター職種紹介へ

職種紹介へ戻る