JOB

エンジニア

ENGINEER

開発はライフワーク
自らに妥協せず、チームワークも極める

エンジニア/坂井 薫平

エンジニア/坂井 薫平

10代前半から開発ひとすじ。基盤作りのスペシャリストの道へ

中学の頃から独学でコードを書いていたのですが、20歳前後のころからフリーランスエンジニアになり、2015年4月から某IT企業に入りました。その時は主に新規事業を担当する部署で、プレゼンテーション共有サービスの開発や、自社サービスのアーキテクトなど包括的に担当し、最終的には、その部署のインフラグループのリーダーとして仕事をしていました。その後転職を考えていた時に外資系企業等も検討したのですが、自分が持つ技術で貢献できそうなイメージが最も強く描けたDeNAに決めました。
ゲームを担当するようになったのはDeNAに入ってからで、7月末で入社から1年です。入社後は社内専用のプラットフォームのリニューアル業務に携わり、2017年の4月からはグローバル展開も視野に入れたDeNAの次世代ゲーム共通基盤の立ち上げに参加しています。

エンジニア/坂井 薫平

安全性を担保しながらスピーディに完成度を追求

入社直後は社内専用のプラットフォーム「Sakasho」のチームに配属されまして、主にゲームのバックエンド、スマートフォンから接続した先のサーバー側の処理を一手に担う基盤の開発をやっていました。実は入って早々に、Sakashoの設計の問題が目について我慢ができなくなってしまって(笑)、自ら上長に相談し、すぐ刷新に取りかかりました。インフラに近いレイヤーのタスクが多かったのですが、すでにサービスインしていてゲームの収益の柱でもあるので手を入れるとなると安全性への配慮がとても重要なんです。なので、IT基盤部というインフラ専属のチームや、QAなど、安全性担保のために必要なステークホルダーとの足並みをしっかり揃えることに努めました。
技術寄りの話では、3年間放置されていたRuby on Railsのバージョンアップを1週間で上げたりもしましたね。これも自分から提案して進めました。

決算報告書にもしっかりと目を通すエンジニアたちがいる現場

DeNAに対しては、エンジニアのレベルが高いという印象は昔からありましたね。10代の頃から読んでいたブログや本の著者も在籍していますし。実は前職も、会長自身がアーキテクチャに直接口を出してくるような、エンジニアがとても強い会社でしたので、開発者としてのキャリアではこれまでずっとレベルの高い現場に居続けられていることには満足しています。実際に自分が中高の時代に遊んでいたコンシューマーゲームの開発者と一緒に仕事をできることも嬉しいことですよね。
DeNAに来ていちばん印象的だったのは、決算報告書にエンジニアたちも一通り目を通していること。エンジニア職に限ったことではないと思うんですけど、単に“数字”を最重要視するということではなく、自分が現場でしている仕事が一つの事業、会社の業績にどう響いているのかに意識を向けつつ働いている、ということが新鮮でした。

エンジニア/坂井 薫平

対面コミュニケーションで作る信頼と連携が、攻めの姿勢を叶える要

エンジニアの仕事は、とにかくひたすらPCの前に座り続けているものと思われがちなんですけど、実際には一人で仕事している訳ではなく他部署と密に連携していくことが大切なので、個人的には、必ず足を使って人とコミュニケーションを取るように心掛けてはいます。
現場に任される裁量は本当に大きいと思いますよ。他社であれば、何段階か上を通さなくては動かないようなことがGL(グループリーダー)の承認のみで進められたりということもいいところですね。
基盤という安定していなくてはならない位置づけにあるようなプロダクトにも攻める姿勢を持って働けるという環境も、DeNAの魅力としてアピールできるかもしれませんね。サーバーサイドでは、今回は新たにgolangも使ったりと技術的にも従来と違った開発に取り組んでいるので、新しいチャンレンジをしたい方には向いているかなと思います。

開発への鋭気を養うのは、週イチで通う社内のマッサージ室!

プライベートな時間にもSinatraやPadrinoといったオープンソース・ソフトウェアの開発をしています。開発はもうライフワークのような感じです。
あとは、読書。技術書とかではなくどちらかというと学術書的な本や、小説やエッセイを読んでることが多いのでジャンルに拘らず幅広く色々な本を読むようにしています。オススメしてもらった本や、本屋に行って目に付いたものをとりあえず買って読んでみるみたいな事もしていますね。目に付いたものだと当たり外れもあったりしますけど(笑)。時間がある時は月に20-30冊読むこともあります。
社内での息抜きには、福利厚生のマッサージ(渋谷のオフィス内にある社員専用のマッサージルームは格安で利用が可能)!受けない週があると損した気分になるほど、“週イチ”で通うリピーターです。

エンジニア職種紹介へ

職種紹介へ戻る