JOB

エンジニア

ENGINEER

エンジニアの枠にとどまらず、
企画面でもどんどん参加して
いきたい。

エンジニア/後藤 友和

エンジニア/後藤 友和

ゲーム事業を含め、幅広い事業を展開しているDeNA。

大学、大学院と一貫して情報工学を専攻し、Webに関する研究をしてきました。そんな僕がこの会社に入社した理由は、ゲームに限らず、いろんなことに挑戦してみたかったからです。ゲーム以外にも、オートモーティブやヘルスケア、AIなど、良いと思うものにどんどん挑戦していっている会社。ゲームで培った技術を他の分野に活かすことも可能です。そういう意味で幅広いお客様に自分の作ったものに触れてもらえる、楽しんでもらえるというところが魅力でした。

エンジニア/後藤 友和

言われて作るのではなく、自分も一緒に考えて作る。

入社後は、社内複数タイトルの開発を経てエンジニアとして携わり、現在は『デュエルエクスマキナ(DUELS X MACHINA)』という内製タイトルのリードエンジニアを務めています。今は自分で手を動かす以外にも、他のエンジニアの業務の取りまとめやレビューを行い、マネジメントなどもやっています。
DeNAに入ってからずっとエンジニア職ですが、DeNAのエンジニアは企画からしっかり考えて作っていく事を求められるので、企画と対等というか言われたものを作るだけじゃなくて意見を交わして納得いくものを作れるのがとてもいいですね。
プロデューサーやディレクターと共に企画から入ることでより良いゲームを生み出していければと思っています。

気持ちよく働ければ、それがお客さんに届く。

DeNAを形作っているのは人だと思っていてとにかく尊敬できる人が多いです。尚且つみんなDeNAクオリティーを満たしているので安心して仕事を任せる事ができます。仮に仕事がうまくいかなくても、その人がなぜ出来なかったのか?を客観的に考えて、建設的にサポートする体制も整っているのが会社としていい環境だなと思います。
またDeNAはお客様に対して「デライト(喜び)を届ける」を掲げているのですが、僕はチーム内にも「デライト」が大切だと考えています。チームのみんなが楽しく、そして気持ちよく働けるように注力しています。その結果いいものを作ることができれば、それがお客様に届き、お客様に対しての「デライト」につながるからです。

エンジニア/後藤 友和

入社後の決まったフローがないのも一つの魅力。

DeNAにぜひ来ていただきたい人としては、どこか強みがある人、こだわりがある人、自分の頭で考えて動けるパッションがある人です。どんどん引っ張っていける人に来て欲しいと思います。入社してすぐでも、もしその方に自信のある分野があればどんどん任せます。入社後の決まり切ったフローがないというのも一つの魅力かもしれません。僕自身もエンジニアの枠にとどまることなく、今後はもっと企画面にもどんどん入っていきたいと考えています。

勤務時間をコントロールできるので助かっています。

会社の環境としてとても助かっているのは勤務時間に関してですね。娘がいるので、勤務時間をある程度自由にコントロールできるところが、本当に助かっています。まだ小さくて急に体調を崩したりすることもあるのですが、そういう時はすぐに帰らせてもらえたりするので、1回家に帰って子供の看病したりと勤務時間を調整させてもらってます。
また社内で部活動をしているのですが、「マジック・ザ・ギャザリング部」に所属していて(一応部長です笑)、2週間に1度くらい、集まって対戦を楽しんだりしています。企業対抗戦に参加するなど、カードゲームを通じて他社の仲間ができるのも嬉しいですね。それ以外にも息抜きとして勤務時間内では、社内にあるサクラカフェでアイスコーヒー(ミルク入り)を買い、朝はブースト、夕方は一息、という感じでリズムを入れ替えたりしています。

エンジニア職種紹介へ

職種紹介へ戻る