JOB

マーケター

MARKETER

どれだけ多くの打席に立てるか。
この会社以上にやりがいのある
会社はない!

マーケター/相澤 慧

マーケター/相澤 慧

ふと立ち止まった30歳目前。“情熱”の上のステージを目指して

大学卒業後は新卒でゲーム会社に入社。業務用機器の営業販売を経て、スポーツゲームのプロモーションを担当していました。小さい頃からサッカーをしていたため、自身がそのサービスのターゲットユーザー層ドンピシャだったので、実在の海外スター選手を起用したPRを行ったり、SNS絡みの施策をいち早く取り入れてファン・マーケティングを実施したりと、自らが楽しい事・面白いことを実現することで、それが一定の成果に繋がっていたように思います。しかし30歳を目前に、“情熱”というか自分の好きだという“気持ち”を伝えて売るということに限界を感じ、より広いマーケットで仕事をするためのスキルアップを求めて転職活動を始めました。
マーケティングという仕事自体には面白味を感じていたので、商材を変えスキルを身につけてステージを上げて行こうと思っていたところで、現代表取締役会長南場智子の著者『不格好経営』を読み、DeNAの“永久ベンチャー”を掲げ新しいことにチャレンジしていく姿勢、スピード感、優秀な人たちが集まる熱いチームであることに共感し、転職を決めました。

マーケター/相澤 慧

人気タイトルを宣伝プロデュース

2015年1月に入社してから職種は変わらず、ずっと宣伝プロデューサーの仕事を担当しています。最初は某IPタイトルのプロモーションをリリース前から2年ほど担当。その後も別のIPタイトルを担当し、今に至ります。
宣伝プロデューサーはタイトル毎にいるのですが、各タイトルで求められる業務内容は多少異なるので、スペシャリストというよりもゼネラリスト的な働き方の方がフィットし易いかもしれません。
私の場合ですと、最初のタイトルでは少人数で外部の開発会社様と一緒にサービスを作っていました。宣伝という領域だけに留まらずゲーム内の仕様まで議論するなど、業務範囲を制限せず一緒になって施策推進するシームレスな働き方です。一方、現在の担当タイトルは多くの社内メンバーを抱えるチームのため、自身の業務としてはプロモーションの比重が高くなっています。
ただ業務内容は違えど、「サービスが売れる仕組みを作る」という根幹の部分は全く変わらないので、逆に変化があって非常に楽しい職場だと思っています。

「この人になら任せられる」。大胆な企画を動かすのは積み重ねた信頼関係

今年もこれまでに数多くのプロモーション施策を実施しました。単純に広告を出すというだけではなく、「ゲーム×TVCM×オフラインイベント×SNS」など、領域を限定せずに様々な連動プロモーションを実施してきました。これはアプリゲームのプロモーションの特徴として、新しいお客様に遊んでいただくだけでなく、既存のお客様に対して長く遊び続けていただかなくてはならないという点が関係しています。アプリゲームは認知してもらうだけではなく、好きでい続けてもらうことがサービスを継続するために必要不可欠となるため、お客様それぞれが何をしたら喜んでいただけるかということを日々考えた結果、様々な施策が生まれてきました。
ただ、これらはただ実施すれば良いというものではありません。特にIPタイトルのようにファンが定着しているタイトルの場合は、その作品を好きなお客様の気持ちを何よりも大切にしないといけません。パートナー様からも「この人になら任せて大丈夫」、「この作品のそういうところを押さえてくれているなら安心」という信頼感がベースにないと、新しく斬新な施策を打ち出していくことが難しいので、作品に関わるすべての方々が大切にしている「コアな部分」を自分の中にもしっかりと落とし込み、その上でもっとその作品を好きになってもらいたいという気持ちを込めてアウトプットし続けることが、信頼に繋がり、ひいては新たなファンを作る種になるのだと思います。

マーケター/相澤 慧

全てがポジティブに昇華する瞬間!チームで生み出す幸福感が糧になる

DeNAでの経験として自分が最初に担当をして、開発チームと一緒に育てあげてきたタイトルが、CMなどの大規模プロモーションをきっかけに数倍の規模に成長したことは、自身の社会人経験の中でもの大きな成功体験でした。リリース直後はなかなか思い描くユーザー体験が提供できず、開発チームと一緒に何度も議論し改善を図りました。そして、「これならみんなに受け入れてもらえるぞ!」とチームの誰もが納得したタイミングにグッとプロモーションのアクセルを踏みました。その結果、多くのファンに受け入れていただき、タイトルを大きく成長させることができました。当たり前のことかもしれませんが、「良いサービスを作って、好きだと思ってくれる人にそれを届ける。」これによってファンの方々、パートナー様、開発チームのみんなが喜んでくれる。この姿を見ることがすごく幸せで、また次も何かやろうという活力に繋がってます。

チャレンジし易い環境で、1つでも多くの打席に立つ

一緒に働きたいと思っていただける方がいるのであれば、「マーケターとして、この会社以上にやりがいのある会社はない」と強調したいと思います!DeNAは一定の事業規模があり、意思決定が驚くほど早い会社です。つまり、何かしたいときにそれを実行できる環境があり、それを素早く実行できるということです。さらに周りにはビジネススキルやマーケティングのリテラシーが高く仕事に対して前のめりなメンバーがたくさんいるので、いつでもやりたいことの手助けをしてくれる環境が整っています。実施したチャレンジがたとえ失敗したとしても、これを糧に次は必ずみんなで成功させよう!というのがDeNAの文化です。打席に立つ回数が多いことは、でマーケターとしての成長を促進する大きな魅力だと思います。

マーケター職種紹介へ

職種紹介へ戻る