JOB

プランナー

PLANNER

寝ても覚めてもゲーム三昧

プランナー/堀田 亮介

プランナー/堀田 亮介

映像学部出身。大学在学中のインターンシップでDeNAに

僕は大学院時代のインターンシップを経てDeNAに入りました。大学では映像学部で映画、CG、ゲームと色々な対象をカバーしながらゲームをメインに学んで、大学3年時のゼミではVR、MR(Mixed Reality=複合現実)を使ったゲームを制作したりもしていましたね。
元々昔からオンラインゲームが好きでインターネットという環境に繋がった事業をやりたかったんです。DeNAはモバイルゲームの業界では先端を行っているという認識がありましたし、幅広い事業展開をしているのでちょっと面白いことができそうだと考えて、入社を決めました。

プランナー/堀田 亮介

開発から運営まで。バトル系“キャラ班”を率いる悪戦苦闘の日々

入社してから今まで某IPタイトルの運営を担当しています。そのゲームで僕は主にバトル系のキャラクター周りを担当しています。実際に自分で仕様を作るところから始め、今はリードプランナーとして、キャラクターの仕様周りの管理から市場分析まで、キャラクター班をみています。
リリース前から配属されていたので開発、運営どちらのフェーズも経験しているのですが、開発よりも運営の方がきつかったですね。元々の事業計画通りにはそうそううまくは運ばないもので、想定外の事態への緊急対応的な施策は想像以上に大変なものでした。幸いキャラクターの投入タイミングを見直するなど策が功を奏して、なんとか持ち直すことはできたんですけどね。

こだわりたいのは“手触り感”。モバイルで挑む“体感”のクオリティ

バトル系のゲームの面白さの感じ方にはもちろん設計的な要素も大きくあると思うんですが、個人的な哲学というか、僕が重要だと思っていることは、手触り感的な要素ですね。触ってポチポチとボタンを押している時の生理的な気持ちよさって、結構大事だと思っているんです。
スマートフォン端末ではボタンを“押している感覚”というもの自体がないので、その代わりに何が必要か。例えば攻撃がヒットしたら敵が派手なリアクションを取って、効果音が気持ちよく流れてエフェクトが綺麗に弾け散る、といったような一連の流れ、つまりキャラクターの挙動と演出でいかにプレイヤーの“体感”をきちんと作り、満足させられるかということをいつも考えています。
また今後はディレクターを目指したいですね。根本的な設計なども含め、企画ももちろんしたいです。大学でもVRやMRを学んでいましたので、今はマイクロソフトから発売されたホロレンズ(ヘッドマウントディスプレイ)を使ったMRの企画なんかにも興味を持っているところです。

プランナー/堀田 亮介

作り手としての実直さと熱量を共有できるチームの存在

入社してから今までの間で感じた事は、筋が通っていてロジカルに考えられていれば年齢や立場に関係なく自由に発言することが推奨されている環境がDeNAという組織の魅力だと思います。
ゲームの作り手としての実直さも特徴ですね。プレイヤーからの問い合わせにも真摯に向き合い、プレイヤーが決して損をすることのないよう対応する姿勢は徹底しています。会社のミッションとして“Delight and Impact the World(世界に喜びと驚きを)”というフレーズをオフィシャルに掲げていますから、「プレイヤーの“Delight”を一番にする」という共通認識が明快なんです。そこに共感してくれる正直さや真面目さがあって、ゲーム作りへのこだわりや熱がある人が来て一緒に仕事をしてくれると嬉しいですね。

「趣味を仕事に」が叶った?!ゲーム漬けの幸せを満喫

最近は忙しいのですが、プライベートではなんだかんだ言ってゲームばっかりしてます。ジャンルは色々なのですが、主にオンラインPCゲームをやる事が多いです。基本的には趣味目線ですが、自分がプレイしてみないとわからない発見もあり、結果的には作り手としての情報収集にもなっていきますので、様々な種類を広くやっていますね。テレビ無しの生活を2年経て久々に買ったテレビも、結局ゲームをするためのディスプレイとしてのみ稼動してる有様です。自分でする時間がない時はゲーム実況の配信を見て、受動的にゲーム欲を満たしています。
オフィスではもっぱらお気に入りの缶コーヒーで一息ついたり、同僚たちとのゲームでリフレッシュしています。最近は、業務が終わって時間があいた者同士でミーティングルームに集まって、人気のあるゲームやみんなでやりたいゲームをして楽しんでいます。

プランナー職種紹介へ

職種紹介へ戻る