JOB

プロデューサー

PRODUCER

メインビジュアル

プロデューサーの仕事とは?

どのように工夫すれば、長く遊ばれるようなゲームが開発できるのかヒットタイトルが生まれるのか
ゲーム市場のトレンドやパターン、顧客のニーズなどを調査・把握して、戦略や構成を考えながら事業計画をつくるのがプロデューサーの仕事です。各ゲームタイトルにプロデューサーが1名ずつコミットして、プロジェクト全体を統括して進捗します。
ゲームタイトルや部署にもよりますが、ゲームの企画、予算管理、外部との交渉をするなど、営業担当として動くこともあります。
プロデューサーの大事な役割は、チームメンバーに対して、今どこに向かっているのかビジョンやミッションをリーダーとして伝えることです。メンバーそれぞれが能力発揮して成長できるように促し、同じ方向を向き、面白いゲームが開発できる環境が整うように、旗をふってチームビルディングを行います。

社内イメージ

チームの中での役割

  • 新規・運営プロデューサー

    ゲーム市場のトレンドやパターンを掴み、より多くの方に楽しんでいただけるようなゲーム開発、売れるゲームを作るための事業戦略の立案を行います。
    運営においてはユーザーがより長く楽しんで遊んべるようなゲーム作りを、ディレクターと一緒に行います。

  • 新規・運営協業開発 プロデューサー

    多くのユーザーに支持されるゲームを企画し、ディレクターと共に形にしていくのは内製プロデューサーと同じですが、その開発・運営を社外の協力会社様と共に行っていくのが協業開発 プロデューサーの役割です。会社の垣根を越え、もの作りの方針と熱を共有し、巻き込みながら、交渉や契約といったビジネスタスクをさばいていきます。

どんな人と一緒に働きたいか

アイデアで人を惹きつけられるような人でないと、チームはついてきてくれません。チームを引っ張っていけるような熱量のあるアイデアマンを求めています。
プロデューサーは、“世の中に注目されるような人気ゲーム売れるゲームを開発すること”を、1番考えなければいけない立場です。ゲーム業界以外のトレンドや知識を持つことは当たり前。どういうものをどのタイミングで投下するのか、世の中に対してどのように驚きを与えていくのか常に考えているような、いつもアンテナをはっている変わった方を募集しています。

INTERVIEW