INTERVIEW

中途入社者インタビュー

専門家として極めるも良し

新しいことに

チャレンジするも良し

@佐藤

佐藤 伸明

広告ベンチャーから

バックグラウンドと入社のきっかけ

DeNA入社以前は新卒で入社した企業の新規事業部で、上司と二人で広告代理店のようなことをやっていました。紙媒体、イベント、ウェブサイトやCMS構築など広範にわたり、短い期間に超濃密な経験をさせてもらいました。上司の起業をサポートした後、これまで培ってきた論理的思考力を活かした仕事がしたい、マーケティングを学びたいと思い、DeNAへ入社しました。

現在の仕事

新規事業の立ち上げ、事業責任者をしています。成功シナリオを描き、適宜修正しながら、チームに共有することが一番重要な仕事です。また、サービスUI、マーケティング、技術仕様、営業戦略など各チームの懸案を潰したり、チーム間でうまく連携できるように調整しつつ、コストコントロールするような仕事です。

OPFのよいところや雰囲気、
現在の仕事のやりがい

キャリアパスを強要されないので、専門家として極めるも良し、新しいことにチャレンジして幅を広げるも良しな点です。加えて、新規事業提案はいつでもウェルカムとしているので、主体的にやりたいことを探して動ける点ですね。

今は「これまでに○億使ってしまった」と噛み締めつつ、黒字化させることにやりがいを感じながら仕事をしています。始めたからには負けるのは絶対嫌ですからね(笑)。

今後やりたいチャレンジ、興味のある分野

もう2〜3、新規事業を立ち上げてビジネスを楽しみたいです。興味のある分野は資産運用、株式投資、地方創生、教育など。電脳化する世界を前提にしたとき、教育はどうあるべきかとか考えています。暗記前提の勉強が大嫌いでしたので(笑)。

経歴
新卒でベンチャー企業に入社。広告ディレクターとして紙媒体、リアルイベント、ウェブ、システム構築などに従事。その後、上司の起業を手伝った後、2008年DeNAに⼊社。⼊社後はMobageおよび新規事業の分析を担当。KPI設計、ログ設計、データ解析、施策提案までワンストップで担当。領域はアバター、コミュニティ、サービスUI、マーケティング、テレビCMなどサービス全域。その後、分析グループのリーダーを経て、2015年から新規事業の立案、その事業責任者を務める。

DeNA オープンプラットフォーム事業本部ではキャリア採用を実施しています。

企画職 募集中の職種

友達や知り合いに教える