TAKAO NAKAMURA

育成普及コーチ

中村 孝生

      

PROFILE

高校時代に1,500mの高校記録(当時)を樹立し、5000mでもインターハイ2連勝するなど活躍。
日本体育大学に進学し、ユニバーシアード日本代表・3000m日本新記録の樹立(当時)など目覚ましい活躍をとげ、箱根駅伝でも2度の区間賞を獲得。
その後エスビー食品陸上部へ進み、中村清監督の指導の元、日本屈指の中長距離選手へ成長。800m〜フルマラソンまで全ての種目で当時のランキング10傑入りの実績を持ち、その走りは瀬古利彦をして「天才中村」と言わしめたほど。
日本選手権では10000mにて3度日本一となり、幻となったモスクワ五輪の5000mの日本代表となる。
現役引退後は、全国都道府県対抗男子駅伝東京チーム監督や各種連盟の要職などを歴任。2013年4月にDeNA Running Club育成普及コーチに就任し、子どもから大人まで幅広くランニングの普及に努める。

生年月日 1958.01.22
血液型 AB型
出身地 群馬県 高崎市

HISTORY

1982-83、85 日本選手権 10,000m 優勝
RUNNERS選手
STAFFスタッフ
PAGE TOP