ゲーム

【前編】FFRKリニューアル!3周年の思いとオリジナルストーリー開発秘話

2017年12月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

スクウェア・エニックスとDeNAが開発・運営中のiOS/Android用RPG『ファイナルファンタジー レコードキーパー(以下、FFRK)』が2017年9月で3年を迎え、そして30年前に初代「ファイナルファンタジー」がこの世に生まれたのと同じ12月18日には新たなるストーリー「レコードダンジョン」がリリースされました。

絵画の記憶に入り、歴代ファイナルファンタジーの"戦いの記憶"を取り戻してきた主人公「デシ」。今回登場する「レコードダンジョン」では、歴代の英雄たちと共に冒険するなど"物語の記憶"にも介入していくことになります。ファイナルファンタジーの"記憶"が失われていく原因とは......FFRKオリジナルストーリーで明かされる真実にも注目です。

今回は開発者インタビューとしてスクウェア・エニックスの間一朗(はざまいちろう)氏、DeNAのプロデューサー 佐々木悠(ささきゆう)にインタビュー。「レコードダンジョン」の話や、ここでしか聞けない制作エピソードなどを盛りだくさんでお届けします。

"デシの成長"がテーマとなるレコードダンジョン

▲左:スクウェア・エニックス 間一朗氏、DeNA 佐々木悠

――2017年9月で『FFRK』は3周年を迎えましたが、率直な感想をお聞かせください。

間:やっぱりこの手の アプリタイトルは、続けていくのがとても難しいなと思いました。でも、そんな中でもDeNAさんと一緒にここまで続けられ、今でも新しいコンテンツをお届けできているのがありがたいですね。

佐々木:何はともあれ、プレイヤーがついてきてくれたのが一番です。リリース当初は今に比べるとゲームのコンテンツ量が少なかったですが、それでもプレイヤーは応援し続けてくれました。そのおかげで、今では『ファイナルファンタジー』シリーズからかなりのキャラクターが登場しています。

――新たにリリースされるレコードダンジョンは、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

間:これまでの『FFRK』はバトルに重きを置いた内容で、"戦いの記憶"を中心に『ファイナルファンタジー』の追体験を提供してきました。これに対し、今回開発したレコードダンジョンは"物語の記憶"を呼び起こすものとして開発しました。『ファイナルファンタジー』というゲームを構成する要素として、バトル、音楽、キャラクター、召喚獣などさまざまな要素があると思うのですが、今回はその中でも大きな影響力をもつストーリー部分を再現したつもりです。

『FFRK』の運営も3年を越え、最新作の『ファイナルファンタジーXV』まで登場していますが、すべてのタイトルをプレイしたという方は少ないのではないかなと思っています。そんな方に、気軽に自分の知らない『ファイナルファンタジー』の物語を体験していただくことで、そのタイトルに興味を持っていただき、より『ファイナルファンタジー』自体を好きになってもらえればうれしいですね。

――レコードダンジョンではオリジナルストーリーも描かれますが、この構想は最初からあったのですか?

佐々木:はい。オリジナルストーリーを描きたいという考えはリリース前からあったので、正確には3年以上前からですね(笑)。

間:これまで、事あるごとにオリジナルストーリーについて語ってきたのですが、やっとこれの全体設計が整い、皆さまにお披露目できる形になりました。歴史省に保存された偉大なる絵画の記憶を取り戻してきたデシですが、記憶が失われていく原因についてはいまだに判明していません。

レコードダンジョンでは、新たに加わったウララやシャドウスミスとともに、いよいよ真相を解明していく旅に出ることになります。シナリオは『ファイナルファンタジー』の名に恥じない重厚な物語になっていますので、『FFRK』自体が『ファイナルファンタジー』の歴史の1ページになると思っています。

佐々木:"『ファイナルファンタジー』を気軽に追体験する"という『FFRK』のコンセプトをより深めたのがレコードダンジョンなので、ぜひ1人でも多くのプレイヤーに遊んでもらいたいですね。

――オリジナルストーリーのテーマをお教えいただけますか?

間:ひと言で表すなら、"デシの成長"です。絵画を巡る事件の真相はもちろんのこと、デシ自身が背負った使命、ウララの秘密、Dr.モグの過去など今まで語られなかった『FFRK』の世界の真実が語られていきます。デシは今まで知識としてしか知らなかった英雄たちの物語を実際に体験していくことによって、あこがれであった彼らの悲劇や苦悩を目の当たりにします。

そして、歴史の本当の重みを知ることによってデシ自身も成長を遂げていき、やがては自身も乗り越えなければならない宿命と対峙していくことになります。皆さまにもその成長を見届けていただき、ドットで描かれる新たな『ファイナルファンタジー』の世界をデシたちとともに冒険していただければと!

佐々木:デシが普通にしゃべって物語が進行していくというのが、プレイヤーにとっては新鮮なのではと思います。レコードダンジョンを通じて、オリジナルキャラクターとしてのデシがどんどん掘り下げられていくので、楽しみにしていてください。

ドットリメイクで苦労したのはファイナルファンタジーVI以前の作品!

――レコードダンジョンを既存のコンテンツから切り離した理由はなんでしょうか?

佐々木:ここは何度も議論を重ねた部分ですが、最終的にはお伝えしているとおり既存のコンテンツとは別軸で、英雄や装備やアビリティなどこれまでのバトルで培った力を使わない形のコンテンツとしてのリリースに決めました。その一番の理由は、レコードダンジョンは『ファイナルファンタジー』を好きなすべての方に楽しんでいただきたかったからです。

既存のコンテンツの一環としてリリースする場合、『FFRK』を長く遊んでいるプレイヤーさん向けにしてしまうと、最近始めていただいた方やこれから始めていただく方には手が届かないコンテンツになってしまいます。

逆に全員が遊べるような難易度だと、例えば魔石ダンジョンを楽しんでいただいているようなレベルの方には非常に物足りないコンテンツになってしまいます。原作の追体験が一番重要なのに、ガードスコーピオンが一撃で倒せてしまっては中々ストーリーに没入できませんよね。そこで、今の形であれば、『FFRK』のプレイ進捗に関わらずすべての『ファイナルファンタジー』ファンの方に楽しんでいただけるのではないかと思い、既存コンテンツから切り離すことにしました。

――間さんはレコードダンジョンの仕様を初めて聞いたとき、どう思われましたか?

間:ゲームの定石としては、それまで育てたものが使えてしかるべきだと思います。でも、今以上に多くの方に遊んでほしいという思いは僕もあり、最終的には佐々木さんの考えに納得しました。

佐々木:もちろん、レコードダンジョンだけでなく既存のコンテンツも遊んでもらいたいので、レコードダンジョンの解放条件を既存のコンテンツに紐づけたりといったことも予定しています。序盤はすぐに解放できますが、先のストーリーを楽しむには既存コンテンツもしっかりクリアしないといけない設計です。既存コンテンツをプレイする中でも、ちゃんと成長実感が持てるような作りに変えていきます。

>>後編を読む:【後編】FFRKリニューアル!3周年の思いとオリジナルストーリー開発秘話

ファイナルファンタジー レコードキーパー:https://ffrk.jp/

※今回使用している画像は全て開発中のものとなります点、ご了承ください。
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. (C)DeNA Co., Ltd.