ソーシャルライブ

SHOWROOMにハマる女性、増えてます。3名が語る"男性演者を応援"する理由

2018年02月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

夢を叶えようと一生懸命に頑張る姿は、見ている人にも勇気を与えてくれますし応援したくなります。DeNAのサービスとして2013年に始まった「SHOWROOM(ショールーム)」は、夢を叶えたい演者とそれを応援したい視聴者をつなぐ場として注目が集まるライブ配信プラットフォーム。仮想ライブ空間の中で、無料で誰でもライブ配信&視聴ができ、ギフトやコメントで演者を応援できます。

SHOWROOMなどのライブ配信プラットフォームと聞くと、アイドルや夢を叶えたい女性が配信し、男性視聴者がそれを見て応援するというイメージが強いかもしれませんが、実は視聴者の2.5割は女性。増えつつある女性視聴者はどんな演者をどんな気持ちで応援しているのか、3名の女性にインタビューしました。今回はDeNAで横断的にサービスの交流会を企画・実施しているデライトドライブ本部協力のもと、サービス運営を行なう社員とお客さまとの交流会の場にてお話を伺いました。

ゆきさん:表情や受け答えで応援したくなる。ちょっとした記念日も大切

――SHOWROOMで応援している演者や、好きな芸能人は?

応援してる人は、最近はジュノン・ボーイです(※)。子どもの頃からアイドルが好きで、ジャニーズ、ジュノン、読者モデル、あとは舞台俳優の山崎育三郎さんなどを応援しています。実際に推しメン(イチ推しのメンバー)が出てる舞台や公演を見に行ったりグッズを買ったりしていますね。好きになる人の共通点は、自分が行ける距離でコンサートやってくれたりメディアに出るような、実際に現場がある人。応援しがいがある、応援しやすいグループが好きです。

※SHOWROOMでは2017年より、国民的ボーイズオーディション「JUNON SUPERBOY CONTEST」を運営する「JUNON」とオフィシャルタッグを組み、ソーシャル発のイケメンスターを発掘する新規プロジェクト「JUNONBOY EGG PROJECT supported by SHOWROOM」を始動。

――SHOWROOMを知ったきっかけは?

知ったのは2年前くらい。知り合いのアイドルがSHOWROOMの配信者だったので、その子を応援することをきっかけに見るようになりました。そこから星集め(※)をきっかけにいろんなルームを見て、それで気になる演者を見つけました。

※演者の配信を30秒以上観覧すると視聴ボーナスとしてギフト(星)がもらえる。星を使って演者を応援できる。

――どういうきっかけで演者を好きに(応援したく)なりますか?

最初はやっぱり顔......ですね。あとは配信時の受け答えの仕方とか、コメントするとリアルタイムで返事が返ってくるので、その反応とか表情を見て応援したいと思ったら応援する。あとはギフトを使ったときの反応とか、SHOWROOMだとカウント(演者を応援するコメント)があるので、無言でカウントしはじめても「〇〇さんカウントありがとうございます」と言われたら、ちゃんと見てるんだなと思って好感度上がる。逆に気付いてもらえなかったりそっけない対応だと悲しい。

――どういうときにギフトを使いたくなりますか?

髪型がかっこよかったときとか、自分の訪問回数がちょうど100回だった時とか。ちょっとした記念で投げたり、本人がいいことあったんだよと言った時にギフトを使おうかなってなる。あと「イベント結果が1位になったからお礼のために配信します」という時も花束(特別なギフト)を使ったりする。あとギフトが月によって変わるので、かわいいギフトだと使いたくなりますね。

ゆーちゃんさん:ファン同士の繋がりで他の演者も応援。アバターやコメントも大事

――SHOWROOMを知ったきっかけは?

3年前に、その時応援してた役者さんがSHOWROOMをやるということで始めました。実は少し経ってその人が配信を辞めてしまったので一回アカウントを削除したんですけど、その後に好きになったグループが配信するということで再登録しました。SHOWROOMで応援してる人は、今はタレントモデル枠の桜木ユウさん。ルームに通ううちに視聴者同士の繋がりができて、他の演者のイベント応援お願いします!と言われて行ったりとかしています。

――SHOWROOMの良いところは?

ライブ配信かな。色んな配信アプリがある中でSHOWROOMが1番面白いと思う。コメント欄が充実していてアバターも見れるから、誰が来てるとか分かりやすいし視聴者の名前も見れる。他の配信アプリは誰が見てるか、コメントしてるか分からないけど、SHOWROOMはリスナー同士も誰が来てるか把握できて仲良くなりやすいです。

――どういうときにギフトを使いたくなりますか?

1番はイベントの時ですね。それ以外は気が向いた時に使う。気が向いた時っていうのは、かっこいいと思う時とかふとした仕草が良い時。ギフトを使うとメッセージがもらえるので、もう少し演者とコミュニケーションとりたくなった時にとりあえずハートをたくさん使うとか。ギフトを使う時は「今日髪の分け目かっこいいよ!」とか理由を一言添えています。

――ギフトを使ったときに、どんなお返しを期待しますか?

名前を呼んでくれるのは大事。優しいとかいいこと言ってくれるとかじゃなくて、マメなのがいい。気が利く人。いいことばっかり言っても、口だけじゃん!他の人にも言ってるじゃん!と思う......。あまりにもたくさんコメントがあると送ったコメントが反映されない時があるから、どうしても拾ってほしいとか気付いてほしかったら「再送」とつけてもう一回送る!やっぱりその配信の時間でしかコミュニケーションがとれないので、聞きたいことや言いたいことはその場で言う。ファンレターを書いても返信がくるわけじゃないので。

――SHOWROOMを使っていて、一番気持ちが盛り上がったときは?

私の推しメンはいつもイベントで2~3位だったんです。本人がファンの方と実際に会いたいと言っていたんだけど難しくて。そんな時SHOWROOMで、イベント1位になってオフ会を開こうという企画があって出たんですけど最後に女性配信者さんに負けてしまって。次の月に同じイベントがまたあって、今度こそ1位を目指して出たら1位になれて、オフ会を開けて他の視聴者の方にも会えました。本人も初めての1位だったし、SHOWROOMのイベントでリスナーさんに会いたいっていう自分の夢を叶えるイベントがあって、視聴者みんなが応援してくれて1位になれたから、イベントを無料で開けた。SHOWROOMさんの力じゃなかったら開けなかった。

まことさん:甥っ子頑張れ!という気持ちで応援

――SHOWROOMで応援している演者は?好きな演者の共通点は?

SHOWROOMで応援してるのは、TiGHTY(タイティ)という若手俳優グループをまるっと全員。子どもの頃に光GENJIを好きになって、その他にもいろんな俳優を応援していました。

――どういうきっかけでSHOWROOMの演者を応援しますか?

応援する子が配信すると聞いてアプリを入れたのがきっかけ。私は、SHOWROOMでの繋がりというより俳優の繋がりで見ているので、配信で初めて知って応援した人はいないです。ハマるきっかけは、顔の好みはあまり一致してなくて、好みというよりもタイミングとかでハマる時がある。たくさんの視聴者がいる中でたまたま自分に対応してくれただけでキュンとなる人もいる。あと私は「甥っ子頑張れ!」という気分で、親戚の子を応援してるような感じで見てます。周りの話を聞いてると半分ガチ恋みたいな感じなので、恋愛というのも正解だと思うし、テレビ見てるのと同じ気分だという人も正解だし、人それぞれいますよ。

――SHOWROOMなどライブ配信の良いところは?

テレビを見ていいなと思う人は、SHOWROOMに出てる人のように直接何かしたり(応援したりコメントを返してもらったり)できない。直接何かをできる近さがテレビで見てる人と違う世界を作り出すんじゃないかな。それでリアルに恋して、演者が俳優っていう仕事をしてるのを忘れてるような人もいる。周りではテレビと同じ感覚で見てる人はほとんどいないかもしれない。舞台俳優は特に。俳優じゃなくてその辺にいる男の子や友達だと思ってる人が約半分。私はテレビで見てる俳優でもないし、ガチ恋でもないし、親戚を応援してる感覚。

――どんな気持ちでギフトを使ったりコメントをしていますか?

(ギフトを使うのは)日常的。イベントの時もだけど、応援してる演者だったらとりあえず配信したらハート100個使います。でもイベントが多い方だとイベントのときにとっておきたいですね。応援するのは、その演者が有名になるように、次の仕事に繋げられるように自分ができることをしたいという気持ちです。(舞台のお祝いに)お花を出すくらいなら舞台を観に来てほしいっていうのが演者の本音なので、お花も出すし、舞台も全部通います。他にも、SHOWROOMのオーディションで演者が勝てるように、日々ファンの間でSHOWROOMについて色々調べたり、作戦を立てたりしています。



今回男性演者を応援する女性にお話を聞いてみましたが、どなたも応援したくなるきっかけは「配信時の受け答えの良さ」「自分だけにしてくれた特別な対応」など、丁寧に視聴者と接していることがポイントでした。男性と同様に女性視聴者にとっても、SHOWROOMのライブ配信という限られた時間での演者との近しいコミュニケーションや誠実な対応が、より演者と視聴者との距離を縮めているようです。またSHOWROOM内で完結するのではなく、演者のリアルな場での活躍を見据えて強く応援していることも印象的でした。

SHOWROOMでは今後、男性演者の活躍の場も一層広げていけるよう「JUNON」とのオフィシャルタッグを始めとする様々な取り組みを進めているところです。今後の動きに乞うご期待ください。

SHOWROOM:https://www.showroom-live.com/