コンプライアンス

基本方針

DeNAでは、DeNAグループ全ての役員、従業員等が、企業の社会的責任を深く自覚し、日常の職務において、関係法令を遵守し、社会倫理に適合した行動を実践するために倫理憲章及びグループ行動規範を定めております。その実現のため、コンプライアンス体制の充実及び定期的な社内研修を通じ、高い倫理観に基づいて行動する企業風土の醸成に努めております。

コンプライアンス体制

コンプライアンス体制の構築・維持については、経営企画部門をDeNAグループの責任部署とし、DeNAグループ各社の組織・規模・業態に応じた社内規程に関する基本方針を定めるとともに、企業倫理及び法令遵守に関する社内研修を実施しております。
また、DeNAグループの事業運営上、個人情報を含む情報資産の保護・管理及び法令等への対応については、特に重要と考えており、代表取締役を委員長とする委員会の専管事項とし、当該委員会の基本方針に基づき情報セキュリティ部門において運用しております。

コンプライアンス研修

DeNAグループでは、新卒・中途採用ともに、入社時に対面での講義形式によるコンプライアンス研修を行っております。また入社後も定期的に、個人情報保護、セクシュアル・ハラスメントの防止、インサイダー取引の防止、関係法令(景表法、下請法等)の遵守など、具体的なテーマ毎の研修を行っております。
入社後の研修においては、eラーニングを活用したテスト形式のトレーニングの導入により、研修内容の理解・定着が効果的になされるよう努めております。

内部通報制度

DeNAグループでは、取締役及び従業員等が法令違反や社内規程違反などの行為を知ったときに、それらの問題を通報及び相談することのできる内部通報制度を設けております。また、内部通報を行った通報者及び相談者については、窓口担当者以外が知ることができないようプライバシーが厳守されているほか、通報及び相談を行ったことを理由に解雇・降格・減給といった不利益な取扱いがなされることを防止する体制を整備しております。