技術コミュニティと共に
成長するギーク


  • 佐藤 健太

    木更津工業高等専門学校中退後、千葉ポリテクカレッジを経てモバイル向けWebサービスの開発会社に就職。ソーシャルゲームの開発・運用に従事した後、2016年にDeNAに入社。 入社後は主に協業案件のシステム開発を担当し、設計から実装・運用、負荷対策まで幅広く行っている。 YAPCなどのカンファレンスや技術コミュニティイベントにおける登壇も多数、技術誌への寄稿なども行う。 Shibuya.pmの現リーダー。Japan Perl Associationの理事も務める。a.k.a. karupanerura

DeNA入社前の経歴

前職では主にソーシャルゲームのサーバーサイドアプリケーションの開発・運用を中心に、MySQLの運用の一部やミドルウェアの新規導入、iOS/Androidアプリの実装などを手がけていました。
経験を積むうちに、大規模トラフィックに対する技術的課題に対してチャレンジしたいという思いが強くなり、特にその課題意識を持つ会社を中心に転職活動をしたところ、魅力的に思える会社が何社かありました。
DeNAはその中でも特に、プライベートとバランスを取りつつしっかりと技術的なチャレンジができそうだと感じ、入社に至りました。


現在の仕事

主に協業案件のシステム開発を担当しています。業務内容としては、新機能開発からパフォーマンスチューニングまで様々なことに携わっています。今まで経験したことのない規模のトラフィックと日々楽しく格闘しています。
また、Go言語委員会という組織の立ち上げに参画し、社内でのGolangに関する情報交換のサポートやプラクティス・最新情報などの周知、社内向けに特化した開発支援ツールの開発などを行っています。
本業以外でも興味を持ってやりたいと思ったことがあれば、ちゃんと声を上げて必要な調整をすることで、それを実行できる風土になっていると思います。


ターニングポイント

技術コミュニティ、そしてISUCONとの出会いが大きなターニングポイントでした。
初めての技術コミュニティのイベントで面白そうなものがたくさん発表されていて、自分もこういうものを使ってみたい!作ってみたい!と思い、技術コミュニティやOSS開発に関わるきっかけになりました。
また、ISUCONに初めて参加してパフォーマンス・チューニングとその関連技術、特にその性質上パフォーマンス的なボトルネックとなりやすいデータベースの奥深さを知り、次第にそれらで関わる技術を中心に仕事をしていくようになりました。

趣味・余暇活動

細々とですが、音楽活動をしています。学生の頃から音楽が好きで、学生の頃に組んだバンドをいまでも続けており、また個人名義でも活動しています。
一方で、OSSの開発やメンテナンス、技術コミュニティの運営やそのイベントの企画・運営、Japan Perl AssociationとしてYAPC::Japanの企画・運営なども行っています。
DeNAでは裁量労働制で働いており、同僚や会社の理解を得た上で、業務に支障が出ない範囲で業務時間を調整しています。
おかげで健康に気を遣いながら、OSS活動などを行いつつも以前より音楽活動に力をいれやすい働き方ができています。
同僚の理解の上で出来ていることなので、同僚の皆さんには本当に感謝しています。


将来のビジョン

強いて言えば、最強になりたいと思っています。「最強である」ということは「自由である」ということです。
例えば、さまざまな問題をスピーディーかつエレガントに解決できる、ある分野において圧倒的な強みを持つ、他の分野におけるスペシャリストとある程度対等に議論を深められる、などの強さを獲得すれば問題に対してより自由に発想ができるはずだと考えています。
DeNAにはチャレンジし甲斐のある技術的課題を抱えているプロジェクトもあり、特定分野のスペシャリストもいるため、より最強に近づきやすい環境であると思います。

エンジニア採用コンテンツ

募集要項・エントリー

DeNAでは、技術の革新を求め、
事業の成長を牽引出来る
エンジニアを常時募集しています。