JOB

エンジニア

ENGINEER

マネジメント経験を生かし、
エンジニア同士のシナジーを
最大限発揮する

エンジニア/山浦 大輔

エンジニア/山浦 大輔

「DeNA TechCon」で感じた多様な事業の可能性

前職は大手コンシューマゲーム会社で、家庭用やアーケードなど数多くのゲームタイトルに携わっていました。その後、数年にわたり運用されているモバイルゲームの開発初期メンバーとして、プロト製作から携わり、リードプログラマー、開発ディレクターを経て、最終的にプログラマー組織のマネジメントを兼任していました。

モバイルゲーム開発は、自身のそれまでの経験と異なり、多くの競合がひしめく市場で戦う必要がありましたが、その流れで自社以外の開発状況や技術交流の場に触れることも増えてきたわけです。

そのとき、「DeNA TechCon」に参加する機会があり、ヘルスケア事業や自分の趣味でもある車に関連したオートモーティブ事業など、ゲームだけではない多角的な事業を展開するDeNAという会社に興味を持ち、新たな世界でのチャレンジをしてみたいという思いから2017年に入社。その後はオリジナルの新規ゲームタイトルを開発する部署に配属となり、現在は横断してエンジニア組織のマネージャーを担当しています。

※DeNA TechCon:ゲームをはじめとした、DeNAのさまざまな事業のチャレンジをお披露目する技術カンファレンス

エンジニア/山浦 大輔

部署を越えた縦と横のつながりを形成

DeNAには、経験豊富で責任感も強く、個性的なエンジニアがたくさんいます。その中でチーム・組織的に動きやすいように、まずは前職でのマネジメントの経験を生かし、エンジニア同士の横のつながりを強化する試みとして、技術分野別の分科会を作ってみたり、気楽に話せる食事会などのイベントを企画して実施してみました。すると、ちょっとした開発上の悩みや相談も「あのタイトルをつくっている人なら分かるかも!」と、少しずつみんなが自発的にコミュニケーションを取るようになってきたのは嬉しいことです。
並行して、自部門で新しいアプリケーションを開発する土台となるように、エンジニアメンバーの思想をぶらさないための共通言語として、これまで社内に蓄積された、さまざまなノウハウを集約して共有可能なフレームワークの構築を進めています。
社内には開発のほかに分析・運営・宣伝・インフラなど各スペシャリストも多いので、部署を飛び越えて相談すれば、さまざまな視点でアドバイスがもらえるのは、ゲーム運営における豊富な実績があり、かつ複数の事業を展開するDeNAならではの強みと言えるかもしれません。

参考にした記事の執筆者は、社内のエンジニアだった

新規プロジェクトで使用したいと思ったとある新技術について、必死にネットを探してようやくたどり着いた記事は、実は社内の非ゲーム部門のエンジニアが書いていた、というエピソードがあります。その時は全く面識のなかった他部署のエンジニアのカレンダーに登録してMTGを設定させてもらい、課題に対するアプローチ方法や関連技術など、いろいろ相談することができました。他分野のエンジニアと話すことで、ゲーム開発における固定観念を超えた提案を得られたのは、目からウロコでした。
自分の中での一般的な会社のイメージでは、他部署の人間に相談をする際、その部署の上長などに話を通してから……というのが常識だったので、「気軽にSlackなどで直接連絡でき、すぐ話を聞いてくれる」スピード感のある文化にはビックリしました。
また、毎日Slackで流れるエンジニア同士の会話で、気になった話題について会話中の人に直接コンタクトしてすぐに話せるのも、スピーディーに情報を共有できて助かりますね。

進むべき方向が開発力に直結する、優れた交通整理をめざして

昨今のゲーム開発現場では、どうしても大人数での作業が多くなりがちです。役割分担やチームで動くことを苦手に感じるエンジニアに対して、自分がマネージャーとして交通整理をすることで、個人の能力を集約して部門の開発力の「底上げ」をしたいと思っています。会社としても、無駄なくスピーディーに新規タイトルの開発を推進できるメリットにもなりますね。
ちなみに、DeNAは前職に比べるとはるかに社員の平均年齢が若く、その中でも若手社員に求める責任や役割が結構大きいのにも驚きました。一般的なコンシューマゲームの開発会社では「5年目なんかまだ新人」のような職人気質が当たり前だったりするので、DeNAに入社したての頃、周りの若いスタッフが、技術的難題にイキイキと立ち向かっている姿や、非常に大きな数字が動く様な意思決定をテキパキとこなしている姿を目の当たりにして、そのパワフルさにものすごいカルチャーショックを感じましたね。
ただ、その力が有り余っているのか、時に必要以上に深掘りしていたり、難しく考えすぎているように感じられることもあり、間違った局所最適にならないように俯瞰して見たり、シンプルに考えたりすることが必要だと思います。そこは自身の経験を活かして、進むべき方向を一緒になって見つけていけることができれば、もっと強いエンジニア組織になるだろうと信じています。

エンジニア/山浦 大輔

入社後は、趣味のドライブや車いじりに熱中できる時間も増えたとのことです

不確実性に対して、DeNAの総合力で立ち向かっていきたい

数字に対して論理的に突き詰める姿勢は、これまでも運営タイトルを得意としてきたDeNAの風潮かもしれません。しかし、自社オリジナルタイトルの新規開発は、非常に収益性の予測が難しく、市場に受け入れられるか?長く遊んでもらえるか?それ以前に、そもそも面白く作りきれるか?ということに対して、非常に不確実性が高い事業だと思います。
当たり前ですが、会社の予算は無限大ではなく、無尽蔵に開発費を使えるわけではないので、さまざまなアイデアに対して、フットワーク軽く、素早くトライ&エラーできるような環境を整えていって、少しでもその不確実性を減らすことができれば、より成功に近づくことができるはずです。
そのためには、エンジニアリングの基盤を固めて「DeNAだからこそ、作れる」仕組みが必要だと考えています。先述の他分野のエンジニアに助けられた事例にもあったように、ひょっとしたらDeNAの幅広い事業展開を活かして、将来的には「ゲーム×ヘルスケア」のように他事業と結びつくことで、これまでにない新たな試みからヒット作品が生まれるかもしれませんね。

今後のDeNAに必要なのは「愛されるプロダクトづくり」

一緒に働きたい人物像については、ミッションに対して「自分はどう動くべきか」を考え、信念を持ってプロダクトに向かえる人ですね。これからのDeNAは「愛されるプロダクト」をつくることが必須であり、その認識を強く持ちながら開発をしてくれる人を求めています。
DeNAには論理的な思考を持つ人も正直多いです。ただ、最近は中途採用でJoinされる方の中などにも「パッション(情熱)」的センスを持つ人も増えているので、「ロジカル×パッション」な対極な思考の組み合わせで、これまでのDeNAにはなかった化学反応が生まれるかもしれません。
「物事を難しく考えること」だけでなく、やりたいことはシンプルかつ骨太に、そこに豊富な知識とノウハウを肉付けとしていけるとステキですね。ちなみに僕は、パッションで乗り切るタイプの人間だと思っています(笑)。
そして、自分の目標のひとつとして「これまでのマネジメントのやり方を変えること」を掲げています。組織が自発的に動くことをマネジメントで支え、まずは開発現場の一体化を実現できる環境を整えて行きたいと考えています。

エンジニア職種紹介へ

職種紹介へ戻る