ENGINEER
KAZUKI FUJIKAWA

専門性をリアルな
インパクトに変える
DeNAのスペシャリスト

KAZUKI FUJIKAWA

2014年入社

システム&デザイン本部 AIシステム部


緻密なシステム開発で
プレイヤーに便利や楽しさを提供

学生時代は、自然言語処理と機械学習を専門としていて、ニュース記事中の単語の出現パターンから、株価動向を予測する研究を行っていました。 具体的にいうと、「A社が増収増益」「B社が減収減益」といったニュース記事が、同じ日に発行されるとします。単純に単語のだけでひとまとめにしてしまうと、「A社」「B社」「増収増益」「減収減益」という単語が出現していたという情報しか残らず、増収増益はA社の話だったのかB社の話だったのかという情報が失われてしまうんです。こういった課題に、対処可能な深層学習のモデルを提案し、株価動向の予測精度改善を試みることを主な研究テーマにしていました。
入社して最初の1年は、サービス運営の意思決定をサポートするデータ分析や、それを支援する仕事を行っていました。ログデータを分析して現状の把握したり、課題の抽出を行ったり、そこで必要なデータ基盤の構築を行ったりしていました。その後は、データ分析や機械学習をサービスの一つの機能として提供することを中心にしています。例えば、画像認識技術を使ったレコメンドシステムを開発して、デザインの似た商品を見比べて買い物できるようにしたり、モバゲー上のオープンなチャットコーナーで、話して楽しい体験を提供するチャットボットの開発に携わったりしています。


プレイヤーからの反応が見られるのは、研究だけでは得られない喜び

事業部メンバーと連携して一緒にビジネスを作っていくにあたり、その事業の課題やニーズを洗い出し、それを解決する過程で機械学習技術をどう活用するかを議論します。その中で、私は技術面でのアイデア出しや、それを実現するための研究開発の計画や実行を担っています。最新の研究動向をキャッチアップしておくことも重要。でも、現場で求められるタスクはより複雑な場合も多いので、まずは挑戦してみて肌感を得るということを第一に考えています。また、どの程度の精度であれば、どのような価値提供の仕方ができるか、いくつかのパターンを想定することも。AIが間違えた判断をしたとしてもクリティカルな問題にならないように、提供方法や運用の仕方を考えるのも重要だと思っています。最先端の研究をベースにして、実際のデータを使ってPDCAを回して、少しずつ性能を改善していくこと、その成果を世に出せるところがこの仕事の醍醐味だと思っています。チャットボットなどプレイヤーが会話しているところがみれて、性能の改善でプレイヤーの反応に変化が見られると純粋に嬉しいです。


研究で得た成果を、サービスや製品にして
日常生活の変化に繋げていきたい

実際の社会問題は複雑で、一つの専門性では解決出来ない場合も多いように感じています。DeNAでは、多方面の専門家がいるので力を借りたり、自分が精通する分野を増やしたりしながら、解決できる問題の幅を広げていきたいですね。そして、これまで着手されてこなかった社会問題の解決に一歩近づけるような成果を生み出したいと思っています。最終的には研究という枠を超え、その成果をサービス化したり製品化したりして、プレイヤーの生活に変化を与えられたらいいなと考えています!

ENTRY ファウンダーメッセージを読んでエントリー

OTHERS

BACK TO ENGINEER TOP

閉じる