ENGINEER[GAME]
TAKUYA SATO

プレイヤーが驚く
既視感のない
ゲームづくりに邁進

TAKUYA SATO

2014年入社

Japanリージョンゲーム事業部


技術力を向上させたいと
選んだDeNA
そこは、自分のやりたいことにコミットできる最適な環境だった

仙台で過ごした大学時代は、フリーランスでWebページの開発をしていました。自分で面白いサービスを作れる基盤を作りたかったので、その資金集めとしてやっていました。当時は、フロント側が得意だったので、サーバーサイドを作れる人と一緒にタッグを組んで作ることもありました。正直、Webページ作りはそこまで難しくなかったのですが、タスク量が多くてそれに掛り切りになり、技術力の向上が見込めませんでした。そんな時、DeNAのサマーインターンに参加したことをきっかけに、自分の技術力をもっと磨きたい、もっと知見を広げたいと思うようになりました。
そこでDeNAに入る決心をし、そこから入社前までに担当していたWebページを手のかからない状態まで整えました。今でもたまにお客さんからメンテナンス要望はあるので、そこは対応しています(笑)。
DeNAには、優秀な人がゴロゴロいて資金もあり、自分が作りたかったサービスを作るには最適な環境にきたなと思いました。自分で1からやる時の、資金繰りや人集めの大変さを痛感していたので、ほんとにいいことづくし。やりたかったサービス開発にコミットすることができるようになりました。


ゲームをサービスの一環として捉え芽生えた
「より良いものを作りたい」という強い想い。

入社して最初に配属されたのはゲーム部署でした。当初は、ゲームづくりより他のサービス開発をやりたいなと思ったんです。でもある時、ゲームってサービスの一つなんだなと気づいたんです。人と繋がりたくて使うSNSも、楽しい時間を過ごしたり気分転換をしたりしたくて遊ぶゲームも、人間の何らかの欲求を満たす立派な「サービス」だなと。それに気づいてからは、担当するゲームをサービスと捉えて、もっともっと良くしていきたいと強く思いながら仕事をするようになりました。また、ゲームは既存のサービスに比べて特殊で難しい部分が多いんです。そういう意味でも挑戦しがいのある領域ですね。入社してからは3つのプロジェクトを渡り歩きました。最初に参加したプロジェクトではリリースが見送りとなるという苦い経験もしました。また作ったゲーム全てがリリースされるわけではいんだというシビアな一面を見ることができました。そして別のゲームを経て、今は新規ゲームの開発チームにいて「前代未聞の」ゲームを作っています。他社にも自社にも似たようなゲームが存在しない既視感のないゲームを作ろうと奮闘しています!


プレイヤーをびっくりさせたい
既視感のないゲームつくりへ熱い情熱も燃やす

今後も、ゲームを作り続けていきたいですね。既視感がないような、技術的にも企画的にも新しいゲームを作ってプレイヤーをびっくりさせたいです。あと、個人的にはもっと遊びやすい手軽なMMOも作ってみたいですね

ENTRY ファウンダーメッセージを読んでエントリー

OTHERS

BACK TO ENGINEER[GAME] TOP

閉じる