DeNA編集部

2016.10.18

DeNAで働く芸大出身の新卒ゲームデザイナー

DeNAの主力事業であるモバイルゲームは、社内で働く多様な人材に支えられています。エンジニアやプランナーはもちろんのこと、DeNAには美術・芸術系の学校を出たデザイナーも在籍しており、社内デザイナーだからこそ発揮できる能力を活かしています。そのようなデザイナーたちは、今までにどんな作品を制作していて、どんな背景でDeNAに入社し、どんな仕事についているのでしょうか?

DeNAで働くゲームクリエイターを紹介する「DeNAクリエイターブログ」では、そんなクリエイターたちの姿を、インタビューを通して伝えています。今回は、東京藝術大学で油絵と版画を専攻していた新卒ゲームデザイナーの「ちゅーぜん」さんのインタビューの一部を転載してお届けします。(オリジナルの全文はこちら

入社前に経験したこと、入社後に活かせたこと

――学生の頃に力を注いでいたことは、何かありますか?

ちゅーぜん(以下「ちゅ」):学生の頃はインタラクティブな作品を意識して、インスタレーション作品や版画作品などを制作していました。 そのためゲーム系の会社に進むと決めたときにポートフォリオとして見せる、イラスト作品が極端に少なかったため、アピールするためのイラスト作品を描いたりもしていました。

▼ちゅーぜんさんのポートフォリオより、モンスターのキャラクターデザイン 20161018_img02.png 20161018_img03.png

――こちらのモンスター、モデルはカニでしょうか?

ちゅ:そうです!ヤシガニなどの甲殻類をスケッチして描いたものです。このときモンスターを描くのは初めてで、モンスターのコンセプトや甲殻類の重量感は見よう見まねで意識していました。

▼ちゅーぜんさんのポートフォリオより、人物のアート 20161018_img04.png

――キャラクターのテイスト、着彩のタッチが、それぞれ違いますね。

ちゅ:イラスト作品が少なかったので、いろいろなテイストで描けることをアピールしようと思い描きました。

――キャラクターデザインにて得意なテイストや、逆に苦手なテイストはありますか?もし苦手なテイストがある場合、克服する為にしている事とはどんなことでしょうか?

ちゅ:人物の顔に関しては、極端なデフォルメ系や極端リアル系です。デフォルメ系だったらどう見せたいか、そのためのポイントを資料を見て探ると思います。リアル系だったら、やっぱりとことん練習だと思います・・・!!

――こうした制作活動から、入社後に役立っている事は何かありますか?

ちゅ:キャラクターデザインに関しては、デッサンの経験が生かせているなと思います。また、大学での作品コンセプトを考えたりした経験が、モンスターなどのデザインコンセプトに生かされているかもしれないです。

現在のお仕事

――現在は、実際の業務に携わっているんですよね。

ちゅ:はい、モンスターのキャラクターデザインをしています。

――研修後、実際にお仕事をしてみていかがですか?

ちゅ:プロデューサーのイメージを汲み取って形に起こしたり、パターンをいくつもアイデア出しするのはとても難しくて苦労します。 その分、形になってくると本当に嬉しいです。 もっとクオリティの高い、ユーザーに支持されるキャラクターを描けるようになりたいと思っています。

――プロデューサーとは、お仕事中どういったやりとりをしているのですか?

ちゅ:仕事の進め方やモンスターデザインの基本を理解していなかったり、資料や知識によるアイデア引き出しが少なかったりと、かなりご迷惑をおかけしてしまっていますが、イメージやクオリティについて、いろいろな資料を見せて頂いたり、修正をして頂いたりと、かなり丁寧にフィードバックを頂いて勉強させて頂いています!

――他にはどんな事をしていますか?

ちゅ:社内に展示するオリジナルイラストの制作に取り掛かっています!

▼DeNA本社ロビーの展示スペース。社内のクリエイターが自ら展示の入れ替えを行っています。社外のお客様とのお話のきっかけや、在籍するクリエイターの紹介にもなっています。 20161018_img05.jpg

▼展示スペースに掲示されているちゅーぜんさんの作品『霧を食べる仙女』 20161018_img06.jpg

――ちゅーぜんさん作・『霧を食べる仙女』も展示されていましたよね。

ちゅ:ありがたいことに、展示させて頂いてます。イラストを描くのが好きなので、ゲームのお仕事の他にこういった機会があるのは本当に嬉しいです。

最後に

――ちゅーぜんの5年後や10年後の目標を聞かせてください。

ちゅ:いずれはゲームの企画から携わってゲームの面白さを根本から作れるようになりたいですし、コンセプトアートを担当したいです!

――この業界を目指して頑張っている人に、アドバイスをお願いします。

ちゅ:もし自分の技術や思考に自信がなくても、自分に対する理解を深めたり、ポートフォリオの完成度を上げることで「ここまでやりきった」という感覚を自信に出来ると思います。そのためにも、いつまでに何をやるのか目標が大事だと思います。一人で早急に決められなくても、色々な方の意見やアドバイスをもらってやりきってみてください!

――もし過去の自分にアドバイスできるとしたら、どんなアドバイスをしますか?

ちゅ:準備の時間は思っている以上に大切!準備する時間をたっぷりとって、本番は迷わずやりきれ!

ちゅーぜん プロフィール
埼玉県出身。東京藝術大学にて油絵と版画を専攻。
卒業後、新卒採用でDeNAに入社。
ゲーム・漫画・アニメ・アイドルなど浅く広くおたく文化が好き。
最近好きなのはは外国の意味深なゲームのプレイ動画を見ること。
音楽はアイドル・洋楽・アニソンなど浅く広く。
好きな食べ物はこんにゃくの煮物。

DeNAクリエイターブログはこちら
DeNAゲームクリエイター採用サイトはこちら

DeNAのアプリ