プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNAと三菱東京UFJ銀行との業務・資本提携について

株式会社ディー・エヌ・エー
株式会社三菱東京UFJ銀行

株式会社ディー・エヌ・エー(代表取締役社長 南場 智子、以下DeNA)と株式会社三菱東京UFJ銀行(頭取 畔柳信雄)は、インターネットおよび携帯電話上での決済サービスを提供する「ネット決済センター」(仮称)を共同で設立するとともに、消費者向けサービス分野での電子商取引(EC)と金融の融合による新たな事業展開を目的として業務・資本提携を行うことで合意し、本日、基本合意書を締結しました。

1.ネット決済センターの設立

 本邦のEC市場は、企業の消費者向け取引(B to C)、個人間取引(C to C)とも急速に拡大しており、百貨店、スーパー、コンビニの3大チャネルに匹敵する規模に成長しつつあります。

 一方で、ECにおける決済手段としては、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済および代金引換などが利用されていますが、B to Cでは店舗によって利用できる決済方法が異なり、また、C to Cでは取引の都度決済方法を取引者間で決める必要があるなど、利用するお客さまにとって必ずしも使い勝手のよいものになっていないのが現状です。

 こうした認識のもと、DeNAと三菱東京UFJ銀行は、共同出資により「ネット決済センター」(仮称)を設立し、DeNAが運営するオークション&ショッピングサイト「ビッダーズ」や携帯電話専用オークションサイト「モバオク」をはじめとして、ネットショッピングやオークションサイト向けに、複数の金融機関および決済手段に対応した収納代行サービスをパッケージ化して提供します。この「ネット決済センター」を利用することにより、銀行口座決済を含めた複数の決済手段を、お客さまに自由にご選択いただけるほか、相対的に安価な決済手数料や、三菱東京UFJ銀行の信頼性も背景としたエスクロー機能の提供などにより、便利かつ安全にご利用いただけることを目指します。

 「ネット決済センター」の資本金、出資比率、商号等の具体的な内容は、今後協議のうえ決定しますが、DeNA、三菱東京UFJ銀行のほか、三菱UFJ フィナンシャル・グループとリテール分野における業務・資本提携を行っている農林中央金庫(代表理事理事長 上野博史)も出資を予定しています。三菱東京UFJ銀行以外にも、できるだけ多くの金融機関をご利用いただけるよう、JAバンクをはじめ、全国の金融機関に提携を呼びかけてまいります。また、収納代行サービスの運用に関しては、同業務に実績のあるUFJニコス株式会社(取締役社長 大森一廣)と協働していく方針です。

2.業務・資本提携

 DeNAのもつインターネット上の商取引基盤と、三菱東京UFJ銀行の決済・金融サービスを融合させることにより、付加価値の高いネット金融サービスを提供してまいります。具体的なサービス内容については、今後協議のうえ決定しますが、DeNAは、自社の運営するECサイトにおける金融・決済サービスの利便性の向上を目指します。三菱東京UFJ銀行は、インターネット利用者による銀行口座の開設や、多機能ICカード「スーパーICカード」の利用促進などにより、顧客基盤の一層の拡大・強化を図ります。

 また、こうした業務提携を安定的かつ効果的なものとする観点から、三菱東京UFJ銀行は発行済み株式総数の3%を目処にDeNAへの出資を行う予定です。具体的な内容および方法等は、今後協議のうえ決定します。

3.スケジュール

 今後、DeNAと三菱東京UFJ銀行は、本年3月末までに、「ネット決済センター」(仮称)の設立と業務・資本提携に関する正式契約を締結すべく、具体的協議を進めてまいります。

 また、「ネット決済センター」は、本年9月末までに業務およびサービスの開始を予定しています。

DeNAのアプリ