プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNA、公売オークション専用サイトを開設
~第一弾は「横浜市インターネット公売」を開催~

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南場智子、以下DeNA)は、公売オークション専用サイト「日本インターネット公売(以下JPIK)」を10月6日(金)より開設します。第一弾として横浜市主催の「横浜市インターネット公売」を10月20日(金)~24日(火)の入札期間で開催します。

DeNAは、オークション&ショッピングサイト「ビッダーズ」で培ってきたノウハウを活かし、2005年2月に、全国初の公売保証金が不要で、携帯電話サイトから参加できる公売オークションを開催しました。以来これまでに公売オークションを8回開催し、188点の動産が落札され、約1,000万円が収納されました。このたび公売オークション専用サイトである「JPIK」を開設し、全国各地の自冶体向けに公売オークションに参加しやすいプラットフォームを提供します。

「JPIK」では、DeNAが運営する479万人の会員数を誇る「ビッダーズ」と、リサイクルショップや質屋など約1,900店が加盟している不要品買取りサイト「おいくら」の集客力による入札参加者の増加が期待できます。さらに、「おいくら」のシステムを活用した見積価額算出の支援サービス※を各自治体に提供をします。
各自治体は、公売物件が揃った段階で任意のスケジュールを設定し、「JPIK」サイト上で公売オークションを開催することができます。また、各自治体専用に出品から売却決定までの一連の作業ができる専用ページが設けられます。

今回「JPIK」での初めての公売として「横浜市インターネット公売」が開催されます。市税の滞納処分として差し押さえた美術品を中心とした41点を、インターネットを利用して公売するものです。

今後もDeNAは、「JPIK」サイト上で多数の自治体の公売オークションを開催していく予定です。

※見積価額支援サービス・・・自冶体などの執行機関は公売を開催する際に、公売物件の見積価額を算出する必要があります。しかし、公売物件の種類が多い場合には何人もの精通者に意見を聞くなど、見積価額の算出は非常に困難な作業となっています。DeNAでは、国内最大のリサイクルショップネットワーク「おいくら」を運営しており、メール1本で参考価額を全国から聴取できる仕組みを構築しています。このネットワークを活用して、見積価額決定をお手伝いします。

・日本インターネット公売(JPIK)サイト画面

20061006_img01.bmp

■「横浜市インターネット公売」概要
URL: http://www.jpik.jp/
参加申込受付: 2006年10月6日(金)14時~10月20日(金)10時
   ※入札したい物件ごとに公売参加申し込みが必要です。
入札受付期間: 2006年10月20日(金)11時~10月24日(火)11時
 ※公売保証金は必要ありません。
再公売期間(予定): 2006年10月31日(火)11時~11月 2日(木)11時
 ※買受代金を納付しない落札者がいる場合に、上記日程で再公売を開催することがあります。
出品内容: 横浜市が差し押さえた商品(合計41点)

DeNAのアプリ